x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

世界最大級旅行コミュニティサイトの動物園ランキングで全国1位に輝いた「高知県立のいち動物公園」日記その3

この情報は2020年1月20日時点の情報となります。

世界最大級の旅行コミュニティサイト「トリップアドバイザー」の動物園ランキングで、「高知県立のいち動物公園」が1位を獲得!そんなのいち動物公園の普段見られない動物のかわいい姿と、奮闘する飼育員を紹介するシリーズ「高知県立のいち動物公園」日記。

line

《のいち動物公園イメージキャラクターの「ダンちゃん」(右)と「マキコちゃん」(左)》

今回も香南市にある、高知県立のいち動物公園からお届けするぞ!

今年のお正月ののいち動物公園は動物園ランキング1位の影響もあってか、来園者数前年比5割増という大賑わい。2日と3日だけで6,336人が来園した。

第三弾としてご紹介する飼育員さんは、北村 香さん。北村さんは専門学校を卒業後のいち動物公園に就職して、今年で26年目を迎えるベテラン飼育員さん。

-飼育員を目指したきっかけを教えてください。

北村さん:小さい頃に県内外の動物園へ行ったときに、どこの動物園もせまい檻の中に動物が入っているのを目にして、もっと動物が快適に暮らせるような手助けができたらいいなと思ったことがきっかけでした。

-好きな動物はなんですか?ちなみに、家では何か飼われていますか?

北村さん:家では猫、カメ、金魚を飼っています。やはり担当している動物が一番好きです。それぞれ性格も違って個性豊かで愛おしいです。彼らの命を預かっているという責任をいつも感じています。

今回は、北村さんが担当して3年目を迎える「ブチハイエナ」と「セネガルショウノガン」を紹介しよう。

 

サバンナの掃除屋「ブチハイエナ」

アフリカの草原地帯に生息していて、メスをリーダーとする群れで生活している「ブチハイエナ」。時速50㎞以上の俊足と、持ち味の持久力で獲物を捕らえるサバンナの掃除屋だ。

屋外に展示されていたのは、7歳になるオスの「トーフ」。

-間近で見ると、体もかなりの大きさで威圧感がありますね。

北村さん:皆さんよくそう言われます。でも、全くそんなことないんですよ。すごく賢くて、懐っこくて、よく遊んで欲しそうに近づいてきます。テレビ番組の映像で、よくライオンなどが捕らえている獲物を奪おうとブチハイエナが囲んでいる映像を見たことがあると思うんですが、実は、あれは大体がブチハイエナが捉えた獲物を他の動物に奪われたあとの映像なんです。本当はかわいそうなのはブチハイエナなんですよね(笑)。

室内展示場には、「トーフ」のお父さんの「ブッチー」とお母さんの「エナ」。

さきほどまでウロウロと落ち着かない様子だった2頭だが…

北村さんが近づくとガラス越しに寄り添うような様子の2頭。甘えているように見えてかわいい~。一瞬で最初の怖そうなイメージがなくなった。

今回は、日ごろ体調管理を行うためのトレーニングを2つ見せていただくことに。

まずは、お腹のチェック!北村さんが親指を立てる合図をすると…

グッと、前足を檻にひっかけ立ち上がるブチハイエナ。その間に北村さんは、お腹が正常な膨らみ方をしているか、怪我をしていないか、毛が抜けたりしていないなど、病気や怪我の有無をチェック。メスの場合は、妊娠の状況や乳房の張りなども確認するという。

お次は、お口の中!

親指と人差し指を大きく開くと…

オープン!歯が折れたり炎症を起こしていないか、口の中全体が健康な状態であるかを確認。

さすが、肉食だけあって、太くて尖った奥歯がすごい!

北村さん:ブチハイエナは、強力なあごやこの歯で他の動物が食べられない骨まで砕いて食べるので、「サバンナの掃除屋」と言われているんですよ。

怖そうな見た目とは裏腹に、環境にも優しく、北村さんの前では終始甘えモードで、かわいい一面を見せてくれた「ブチハイエナ」だった。

 

国内ではここだけしかいない「セネガルショウノガン」

続いては、警戒心が超~強い鳥の「セネガルショウノガン」。

ブチハイエナの展示場前の歩道を挟んで、向かいの展示場にいる。近づいて見ようとすると、ものすごい勢いで鳴く!というより、鳴きわめく!の表現が正しいかもしれない。会話が聞こえないほどだ。

鳴くのはオスで、縄張りを守るための威嚇だそう。さらに近づくと、威嚇が増したような気が…。

必死の形相!!

皆さんもお聞きください。(※音量に注意)

ここまで威嚇されると、ついつい遠ざかってしまいがちであるが、なんと国内で飼育されているのはのいち動物公園だけという超~貴重な鳥なのだ。

現在8羽いるが、メスはこちらの一羽のみ。卵は産むようだが、無性卵のため今後の繁殖は難しい状況だそうだ。

来園の際には、威嚇に怯えずしっかり目に焼き付けてほしい。

 

よく観察して深く知ってほしい

-読者の方へのメッセージをお願いします。

北村さん:当園に来られた際には、動物を色々と観察して、動物のことを深く知ってもらえると嬉しいです。体のどこを使って泳いでいるのか、歩くときには、足をどういう風に運んで歩いているのかなど、よく見ると見え方が変わってくると思います。もし、わからないことがあれば、職員になんでもいいので聞いてみてください。

飼育員さんのお話しを聞くと、ほんとに動物の見え方や印象が変わってくるなと感じた〇〇取材班。ブチハイエナは、土日祝の午後1時15分からお食事タイムが見られるそうなので、かわいい姿だけではなく野性味あふれる姿も見られそう。

さあ、次はどの可愛い動物を紹介してもらおうかな~。

 

施設情報

高知県立のいち動物公園

住所:高知県香南市野市町大谷738

電話:0887-56-3500
営業時間:午前9時30分〜午後5時(入園は午後4時まで)
http://www.noichizoo.or.jp/