高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

開催まであと6日!高知龍馬マラソンの観光名所や豊かな自然が詰まったコースを紹介

この情報は2020年2月10日時点の情報となります。

第8回目を迎える高知龍馬マラソン2020。42.195kmの長い道のり、どういったコースが待ち受けているのか、全貌をご紹介。

line

高知県の冬の一大イベントとなっている「高知龍馬マラソン」。

県内外そして海外から、1万人以上のランナーが集まる大規模なマラソン大会となっている。2017年の大会から制限時間が7時間となったこともあり、より多様なランナーが参加していて、楽しそうに走る姿は沿道で応援する人にとっても楽しみとなっている。

毎年参加されている方もいれば、今年初出場という方も多くいるのではないだろうか。初めての方にとっては、どんなコースが待っているのか楽しみもあれば、不安も大きいはず。そんな方に、高知龍馬マラソンのコースの魅力や難所を紹介しよう。

高知龍馬マラソン関連記事(ランナーに提供されるフード、ドリンク情報)⇒ 高知龍馬マラソンで食べた○○が忘れられない人が続出!?

 

数々の観光名所を通過

高知龍馬マラソンは、高知県知事による号砲とともに高知県庁前の国道33号線をスタートする。

42.195kmのコースがこちら。高知の名所の数々を通過するコースとなっている。ここからは、順番にコースの見所を見ていこう。

・高知城

スタートゲートをくぐると、すぐに左手には高知県庁があり、その横に見えるのは…高知城!

高知城は、江戸時代から天守が現存している国内12城のひとつであり、国の重要文化財に指定されている高知県を代表する人気観光スポットだ。

ここからは国道33号線を55号線へまっすぐの道路を進む!

マラソン大会の醍醐味の一つと言えば、道路を走れるということではないだろうか。普段の練習では、信号待ちや通行中の車屋自転車、交差点の段差など気にしなければいけないことが多くあるが、それらを全く気にすることなく走れるというのは大きな魅力だろう。

・路面電車

スタートから約3.5km地点までは、路面電車の線路に沿って走る。高知の路面電車は、「歴史が古い」、「路線が長い」、「駅と駅の距離がめっちゃ短い」という3つの日本一を持つ電車だが、そのほかにも奇跡の光景と言われる「トリプル・クロス」を生み出す高知の魅力の一つなのだ。

詳しくはこちら

 【前編】高知を走って114年!「とさでん交通」の路面電車をいろいろ調べてみた話

⇒ 高知の新名物!とさでん交通路面電車が生み出す奇跡の光景「トリプル・クロス」

次のページを見る