高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

田舎寿司か、サラリーマン川柳か!?高知家の○○ 2020年1月の月間人気記事ベスト5

この情報は2020年2月1日時点の情報となります。

1月、皆さんにたくさん読んでいただいた人気記事ベスト5をご紹介!一番人気はどの記事だったのか?

line

1月の人気記事を第5位から順番に紹介しょう!

 

第5位 ご当地村民によるご当地グルメ人気アンケート結果大発表!日高村オムライス街道人気ナンバーワンは】

記事はこちら⇒ ご当地村民によるご当地グルメ人気アンケート結果大発表!日高村オムライス街道人気ナンバーワンは

高知県に数あるご当地グルメ。そんなご当地グルメの中でも人気なのが、今年6年目を迎えた日高村のオムライス街道。

オムライスを提供する9店舗の中で、ご当地で暮らす方が本当に好きなお店はどこなのか、気になった〇〇取材班が独自に100人アンケートを実施!結果はいかに!?

次回は、須崎市の日本一熱いご当地ラーメンとして知られる「鍋焼きラーメン」のお店を対象にアンケートを実施予定なので、乞うご期待!

 

第4位 原点から世界へ「We LOVE YOSAKOI」!絆で結ばれていくよさこいイベント】

記事はこちら⇒ 原点から世界へ「We LOVE YOSAKOI」!絆で結ばれていくよさこいイベント

スペシャルパートナーとして、高知家の〇〇の記事を書いていただいているよさこいアンバサダーの田中恵美子さんが、都内で開かれた『よさこいプロモーションイベント』の様子をレポート。

世界からよさこいに魅了された「よさこい人」が集い、さらに広がっていく、そんなエネルギーに溢れた記事がランクイン。

そんな田中さんに、よさこいの普及やよさこいを通じて国内外へ高知を情報発信していただいていることから、濵田高知県知事から高知県の観光特使を委嘱。

田中さんは、「これまでの取り組みを認めていただけて大変うれしいです。今年はオリンピックの年でもあるので、よさこいで応援するとともに、さらに世界へよさこいと高知を情報発信をしていきたいです。これまで以上に頑張ります。」と力強く語ってくれた。

 

第3位 「一軒家の隠れ家でしっぽりと過ごしながら、上質な食材と酒で酔う、静かな高知の夜」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記 その82】

記事はこちら⇒ 「一軒家の隠れ家でしっぽりと過ごしながら、上質な食材と酒で酔う、静かな高知の夜」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記 その82

全国津々浦々、年間600食を食べ歩いてきたマッキー牧元氏が、高知市内のにぎやかな商店街から少し離れたお店「草や」を訪問。

ハマチやウルメイワシのお刺身を直七という柑橘やニンニクの葉で作られたヌタをつけていただくという高知独特な食べ方や、これまた高知特産の四方竹の天ぷらに土佐ジロー、はちきん地鶏まで約10品のメニューを堪能したシズル感満載の記事だ。

 

第2位 「高知家」自慢 川柳2019 638句の中から選ばれた入選作品は高知家の・・・「あるある」】

記事はこちら⇒ 「高知家」自慢 川柳2019 638句の中から選ばれた入選作品は高知家の・・・「あるある」

「高知家」自慢をテーマに、高知で初めて行われた地元サラリーマン川柳の入選作品の発表と入賞者の表彰式を行った。大賞に輝いたのは、『「金はない」 されど酒飲む 金はある』。お酒のイメージが強い高知ならではの一句。

その他の優秀賞や佳作賞も、サラリーマン川柳独特の悲哀と笑いが入り混じった力作ばかり。思わず、あるあると頷いてしまう内容で、どれも高知家自慢が詰まっている。

 

第1位 一度食べれば虜に!?後世に受け継がれていく高知ならではの味「田舎寿司」】

記事はこちら⇒ 一度食べれば虜に!?後世に受け継がれていく高知ならではの味「田舎寿司」

今月1位に輝いたのは、彩り豊かな高知ならではのお寿司「田舎寿司」を取り上げた記事だ。

田舎寿司を作っている現場にお邪魔すると、作っているのは田舎寿司に対する熱い思いをお持ちの方ばかり。最年長はなんと92歳!年齢に負けないパワフルな皆さんと、一度食べれば虜になる滋味深いおいしさの田舎寿司、どちらも魅力的な高知の宝物だった。

 

今月も高知の楽しい情報をお届けするぞ!