高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

高知の食を堪能できるスポットが増殖中!大阪「ウラなんば」で高知を満喫

この情報は2020年2月18日時点の情報となります。

大阪といえば、キタの梅田、ミナミの難波というのが有名だが、そのミナミで最近賑わいを見せているのが難波から日本橋の間の「千日前」付近「ウラなんば」というエリアだ。その「ウラなんば」で、こだわりの高知食材を提供するお店が増えているという情報を入手した高知家の○○取材班は、その大元であるとある飲食店女将に話を聞きにいくことにした。

line

大阪難波の「なんばグランド花月」南に位置する千日前道具屋筋。このあたり一帯を含めた、難波から日本橋の間の千日前付近が「ウラなんば」と呼ばれるエリア。千日前道具屋筋のすぐ西側には、イタリアンや大衆居酒屋などさまざまな飲食店が密集していて、2軒目、3軒目とハシゴしたくなるような雰囲気。

この人気のエリアに、高知食材を使った料理を提供する「創作土佐料理 ぼたん」がある。

高知の女性に負けない「はちきん」っぷり

こちらを営むのは、熊野 ユカさん。

高知出身で男勝りな「はちきん」女性かと思いきや、実は兵庫県のご出身。そんな熊野さんが、なぜ大阪で土佐料理の専門店を出したのか、インタビューしてみた。

-まず、お店をオープンさせるに至った経緯を教えてください。
熊野さん:25年前に焼鳥屋をオープンさせたのが最初です。そのあと、美味くて安くて入りやすい大衆居酒屋を運営し、営業している中で、地方のよい食材をもっといろんな人に伝えたいという思いを持つようになりました。そうして、2年前の夏に高知食材をメインに扱う「創作土佐料理 ぼたん」をオープンさせました。現在は、「ぼたん」を含めて4店舗の運営をしています。

-出身は兵庫ということですが、なぜ高知のお店を始めたんですか?
熊野さん:実は、旦那が高知県出身でして。何度も高知へ行って思ったのですが、高知はいい食材が多い。お客さんにも勧めやすいんです。実は、「ぼたん」以外の店舗もすべて高知食材を使っていますよ。

-旦那さんが高知出身だったんですね!では、旦那さんにもお話をお伺いすればよかったですね。
熊野さん:旦那はバリバリの高知人ですが、照れ屋さんなので。私で大丈夫です(笑)。

-高知県人だとグイグイ出てくれそうですが…。それはさておき、他の店舗でも高知食材を使っていらっしゃいますが、こちらを土佐料理専門店にされたのはなぜですか。
熊野さん:以前よりも流通がよくなったことで、食材の鮮度が保たれている状態で大阪まで届くようになったこともあり、このタイミングであれば高知食材メインのお店ができると思いました。もちろん食材だけでなく、高知の日本酒も取り揃えています。

-高知愛に溢れてますね。ぼたんの人気メニューを教えてください。
熊野さん:やはり鰹のタタキや刺身が人気なのですが、今回はその他のメニューをご紹介しますね。まずは、大皿にお刺身や揚げ物などを盛り合わせた「皿鉢(さわち)料理」から。

-えっ!?皿鉢料理もやってるんですか?
熊野さん:高知の店に皿鉢料理がないのはおかしいという話になり、昨年からコースメニューに追加しました。食材は都度変わりますが、高知の皿鉢を再現しています。

旦那さんのアドバイスにより始めた皿鉢は、基本的に予約限定だが、ぼたんが独自に定めた『毎月13日(土佐の日)』は、予約なしでも食べられるという(数量限定)。

しかし皿鉢料理の提供を始めたことで、かなりの労力がかかることになってしまったのはここだけの話だそうだ。そうした苦労を物ともせず、毎日笑顔でお客さんを迎える熊野さんは、まさに「はちきん」そのもの。

そのほかにも、高知の食材にこだわって様々な料理を提供している。

熊野さん:あと、冬の定番「おでん」には、高知の練り物を使ってます。すまきってなに?とかオランダ天ってなに?とかお客様からたくさん聞かれますけどね(笑)。

高知では比較的メジャーな練り物「オランダ天」だが、知らない人も多いのではないだろうか?

ちなみに、オランダ天の名前の由来をいろいろ調べてみたが、謎に包まれる一方だったので、今後「高知家の○○」で取材に行ってみたいと思う。

熊野さん:〆メニューもたくさんありますが、人気なのは「鍋焼きラーメン」や「鰹ジンジャー炒飯」ですかね。

「鰹ジンジャー炒飯」をいただいたが、たっぷり入った鰹フレークに、生姜がアクセントとなった絶妙な味わいだった。

熊野さん:ごく定番になりますが、毎日変わる刺身盛も人気です。

ちなみにこのメニューに書かれている「土佐造り盛り 三種盛り(1,980円)」は、19時までに注文すれば500円引きという破格の一皿。

その他にもタイムセールメニューがあるので、ぜひ確かめに行って欲しい。

そのほか高知を楽しめる店、多数

「ぼたん」付近で営業する他3店舗の1つが、ミナミ千日地蔵尊通り横丁の中にある「立ち飲み 牡丹」。こちらは、立ち呑みということもあり、「ぼたん」よりもリーズナブルにゆずチューハイや高知の日本酒などを楽しむことができる。

季節限定の日本酒も入荷している。

熊野さん:今日は「立ち呑み牡丹」行ってから、「ぼたん」に行こうと言ってくださるお客様もいらっしゃいますね。

近隣に4店舗を出店する「ドミナント戦略」で事業展開する熊野さん。今年4月には、もう1店舗、高知食材を扱うお寿司屋さんを近くにオープンするそうだ。「ウラなんば」が一層賑やかになること間違いなし!高知の食に魅了される人も、ますます続出することだろう。

店舗情報

創作土佐料理 ぼたん

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前13-5
電話番号:06-6632-7776
営業時間:17:00~26:00
定休日:年中無休(臨時休業有)