高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

バスの運転手さんになりたい!子供の頃の憧れ、路線バス運転手体験&見学ツアー参加者募集中

この情報は2020年2月17日時点の情報となります。

乗客とのふれあいが魅力の路線バス。現役運転手さんや、人と接することが好きな方にお薦めしたい仕事を体験できるツアーが開催される。運転席体験もできるという見学ツアーの詳細を紹介するぞ。

line

今、バスの運転手が全国的に不足している。高知県も同じく運転手不足が深刻だ。そこで、バスの運転手の仕事を知ってもらって、高知のバス運転手になってくれる方を募ろうと、2月29日に見学ツアーが開催される。バス営業所の様子が見学でき、バスの運転手と話ができるという「バス営業所見学ツアー」。現在、他の地域でバスの運転手をしているという方、各種ドライバーをしているという方はもちろん、お客様とのふれあいのある仕事がしたい!という方必見のツアーだ。

憧れの運転手さん

バスの運転手といえば、この制服。白いシャツに黒いズボン、そして帽子も制服の一部。このかっこいい帽子をかぶって、大きなハンドルを操る運転手さん。子どもの頃、こんなバスの運転手に憧れた人もいるだろう。

バリバリ活躍する女性運転手

バス営業所の見学ツアーが行われる「とさでん交通(株)」には、現在225名の運転手がいて、そのうち5名が女性。バス運転手は男性の職業というイメージがあったが、最近ではバリバリ働いている女性も増えているという。この見学ツアーも、もちろん女性の参加も大歓迎。

路線バスは、なくてはならない交通手段

路線バスというと、通勤や通学で毎日乗車する会社員や学生さんが多い。そのほか、買い物や通院で乗車する高齢者の方など、生活に欠かせない乗り物。

だからこそ、お客さんとのふれあいがあるのが最大の特徴。乗客と「おはよう」と挨拶を交わしたり、バスを降りる時に「ありがとう」と声をかけてもらったり。何気ないやりとりを始め、頻繁に利用する乗客とは会話もあって、日常生活が見えてくることも。

そんな乗客との何気ないやりとりが、仕事の楽しさと充実感につながるのだ。それが路線バスの運転手ならではの醍醐味!高知県民の足となる路線バス。高齢化が進む中、路線バスはますます生活に必要な高知県民の足となっていくだろう。

ツアーではいろんな体験ができる

2月29日(土)の見学ツアーでは、営業所を見学する「とさでん交通(株)」他4社のバス会社の説明が受けられる。体験ツアーがある営業所では、運転手が乗車前に必ず行う高精度なアルコールチェックの体験もできる。また、実際に運転席に座り、運転席から見える景色や運転席にある設備を体験、現役の運転手と話ができる座談会もある。

バスの運転手になりたいと考えている運転手未経験の方。
高知で仕事をしたいと考えている高知県外在住の方。
高知でバスの運転手をするのもいいな、と考えている現役バスの運転手さん。

高知でやりがいのある仕事に就職、転職のきっかけになるかも!興味のある方は参加してみてはいかがだろう。参加には事前予約が必要なので、「高知県ツアーどらなび」で検索してみよう。

イベント概要

バス営業所見学ツアー
開催日:2020年2月29日(土)
開催時間:午後1時~午後4時45分(予定)
集合場所:とさでん交通(株)桟橋高知営業所前
募集人数:先着10名

参加申し込み

バス運転手専門 就職・転職支援の求人サイト「どらなび」
https://www.bus-dnavi.com/tour/kouchi/