高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

高知のグルメを食べ歩き『アンジャッシュ渡部 建の教えてグルメ』web動画公開!第4話は「高知のイタリアン」

この情報は2020年3月24日時点の情報となります。

line

芸能界のグルメ王・アンジャッシュ渡部さんと、高知家の〇〇で「高知満腹日記」を毎週日曜日に連載中の食べ歩きスト・マッキー牧元さんが高知の旨いもの、旨い店を食べ歩く「アンジャッシュ渡部 建の教えてグルメ」動画の第4話が公開されたぞ!

第4回のテーマは、「イタリアン」だ!

渡部さんを驚かせた高知のイタリアンを堪能する様子は、こちらからご覧ください。

【下の画像をクリックして動画スタート】

 

ショッピングセンターの片隅にある絶品イタリアンレストラン

高知市内から車で約2時間車を走らせた山間部。

田舎町のショッピングセンターの駐車場に到着した渡部さんは不安な様子・・?

今回、マッキー牧元さんが渡部さんを案内するのは、そんな山間部のショッピングセンターの片隅にあるイタリア料理店だ。

高知県の北部、土佐郡土佐町にある「オンベリーコ」。

車を2時間走らせてでも、わざわざ訪れたい「オンベリーコ」で、どんな絶品イタリアンが食べられるのか?

関連記事はコチラ⇒「彼のイタリア料理を食べに、わざわざ足を延ばしたい。そんな、愛すべき変態が、土佐町にいる。」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

 

手間を惜しまない本格的イタリアン

アンティパストミスト

どれも自家製というアンティパスト ミストだ。
Antipasto Misto(アンティパスト ミスト)の Antipasto は前菜、Misto は盛り合わせという意味。つまり、前菜の盛り合わせ。

本格的な前菜料理を一つ一つ紹介するぞ。

 

 

 

 

オーナーシェフが一人で作る、手間暇かかった本格的なイタリアンだ。

田舎町のイタリア料理店のお味は?

渡部さん、実食!

渡部さんは、「ん~、ん~、うまい!」の連続。どれもいい塩加減で、素材の味がわかる料理ばかりのよう。

「すごい!」「うまい!」「レベル高いな~。」と大絶賛!

 

パスタ

前菜の次はパスタ

まずはこちら!

「オンベリーコ」のある嶺北地域で作られた原木椎茸がたっぷり。

パスタ2品目は・・・。

トマトだけのパスタだ。

「ごまかしがきかない、勇気のいるパスタじゃないですか~。」と言って、一口食べると、

「あ~、うまい!」「ん~、うまい!」と、潔いいパスタに思わす笑顔になってしまった渡部さん。

「素晴らしい!」までいただいちゃったぞ。

 

土佐あかうしのステーキ

最後に登場した料理は、

 

渡部さんが「東京でも、だいぶ聞かれるようになりましたね。」という土佐あかうし。貴重な土佐あかうしだが、その美味しさが伝わり、東京のレストランでも扱われるようになった、高知のブランド牛。

「さっぱりしているけど、噛むごとにうま味があふれる。」と渡部さんが味わっていると、マッキーさんは、「肉を噛むことが喜びになる。」とニッコリ。

最後まで「ん~、うまい!」と大絶賛の渡部さん。

 

こんな絶品イタリアンを作っている、オーナーシェフの高橋さん。

優しそうな高橋さんに、「食事を楽しんでもらえるのが一番。」だと聞き、この美味しさの理由が分かった渡部さんだった。

 

マッキーさんのおすすめグルメおかわり編

Baffoneのジェノバ風リングエッティーネ

高知市に店をかまえる「Baffone(バッフォーネ)」の高知県産のバジルを使ったジェノベーゼ。マッキーさんいわく、食べたとたんにバジルがムンムンして、バジル畑にいるみたいなパスタ。

関連記事⇒「高知に降り注ぐ豊かな太陽の力が凝縮したパスタで心を弾ませたの巻」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

VILLA SANTORINI & logue のコース料理

土佐市にある、太平洋を一望できるホテル「Villa Santorini(ヴィラサントリーニ)」のレストラン「logue(ローグ)」でいただけるイタリアン。地元の食材を使ったシェフオリジナルの料理。マッキーさんが「素晴らしい!」と絶賛するイタリアンだ。

関連記事⇒「真っ青な目に染みる海、紺碧なる空、そして輝く白。高知にギリシャがあった」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

 

マッキーさんがおススメする高知で食べられる本格イタリアン。わざわざ足を運んででも食べる価値アリだ。

 

これまでの動画3話を見逃したという方は、こちらからどうぞ。

どれも高知の自慢のグルメだ!

【第1回(魚グルメ編)】

【第2回(麺グルメ編)】

【第3回(名物グルメ編)】