高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

高知のよさこいで世界をつなぐ!オンラインイベント『世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』が開催されたぞ

この情報は2020年5月30日時点の情報となります。

    皆さま、こんにちは。高知県よさこいアンバサダー・高知県観光特使の田中恵美子と申します。
    本日は4月に開催した『世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』というオンラインイベントについてレポートいたします!

    line

    カナダ在住の高知県よさこいアンバサダー、田中恵美子と申します!

    まずは簡単に自己紹介をさせて下さい!

    私はカナダのトロント市で日本語学校を営みながら、高知県よさこいアンバサダー・高知県観光特使として「高知発祥のよさこいを世界へ広げる」活動をしております。

    よさこい歴は15年!よさこいに魅了されて、この素晴らしい日本文化を世界へ広めたいと日々活動しております。

    現在はカナダトロント市で活動する「カナダよさこい連・奏楓-KAEDE-」

    世界中から踊り子が集まった「高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム」

    2つのチームの代表をしております。

     

    『世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』オンラインイベントを開催!

    2020年は新型コロナウィルス感染症の拡大が世界規模になったことで、人々の生活が大きく変わり、世界中のイベントが次々と中止や延期になっています。

    そして、私たちが1年の中で何よりも楽しみにしているよさこい祭りも中止となってしまいました。

    私が代表を務めている「高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム」は、今年のよさこい祭りに世界14カ国80名の踊り子と共に参加する予定でした。

    当たり前だと思っていた日々の生活が大きく形を変え、毎年開催されていたよさこい祭りが中止になってしまったことで、日本中、そして世界中の踊り子の皆さんが行き場のない想いを抱えていらっしゃると思います。

    そんな世界中の踊り子の皆さんに少しでもよさこいを通して繋がって欲しい!という想いから、高知県よさこいアンバサダー絆国際チームは4月12日と18日に『世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』というオンラインイベントを開催いたしました。

    こちらのイベントは、世界中の踊り子の皆さんをZoomというオンラインビデオチャットで繋ぎ、よさこいのレクチャーをしたり、皆で一緒に踊ったり、グループに分かれて交流しながら、よさこいを通した絆を深めていただくことを目的に開催いたしました。

     

    4月12日『第1回世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』開催!

    4月12日に開催した第1回目のイベントではSuga jazz dance studio代表の國友裕一郎先生に正調よさこい鳴子踊りを披露していただき、絆国際チーム音楽隊からフラチナリズムのモリナオフミさんとシンガーの柳めぐみさんが出演して下さり、イベントを盛り上げていただきました。

    正調よさこい鳴子踊りを披露される國友裕一郎先生)

    絆国際チームの「WA!」を盛り上げて下さるフラチナリズムのモリナオフミさん)

    (「WA!」の女性ボーカルの柳めぐみさん)

    世界中の踊り子たちがオンラインでよさこいを楽しむ様子をこちらからご覧下さい!


    このイベントには
    世界14カ国80名の踊り子の皆さんがご参加して下さり、皆でよさこいを楽しんだあとは、グループに分かれて交流しました。

    普段は離れて活動している世界中の踊り子たちが『同じ時を過ごし、同じ瞬間によさこいを踊る。』。

    その活動を通して、国や言葉や時間の違いがあっても、よさこいで世界は一つになれることが実感できたイベントとなりました。

     

    4月18日『第2回世界中の踊り子とよさこいを一緒に踊ろう!』開催!

    4月18日に開催した第2回目のイベントでは、よさこい工房~祭彩~から田村千賀先生がゲスト出演して下さり、正調よさこい鳴子踊りのワークショップのあと、踊り子の皆さんと全員でよさこいを一緒に踊りました。

    こちらのイベントには、第1回目より多い世界14カ国から100名の踊り子の皆さまがご参加下さいました。

    こちらが当日の様子をまとめた動画です!

    イベントの最中は、世界中のチームの皆さんに自己紹介をしてもらったり、グループ分けして交流する時間も設けました。そんな中で参加者の皆さんが率先して通訳をして下さったり、お互い助け合いながら交流する姿に胸を打たれました。

    田村千賀先生の素敵な笑顔と皆を元気にしてくれるあたたかいお人柄のおかげもあり、終始和やかにイベントは進みました。

    グループに分かれて世界中の踊り子が交流し、よさこいやそれぞれの国での活動について話しました。

    アメリカやカナダの踊り子の皆さんもご参加下さいました。

    世界中の踊り子が国境や時差を超え、よさこいを通して一つになることができました。

    海外の踊り子にとって高知で活躍されている先生方は憧れの存在で、日本や他の国の踊り子の皆さんに出会える機会は普段はあまりないため、世界中の踊り子の皆さんにとって貴重な機会になったと思います。

    イベントが終わってからは沢山の方からあたたかいお言葉をいただきました。

    そして、田村千賀先生からは『来年、高知で皆が再会できた時のために合言葉を決めよう!』と素晴らしいご提案をいただき、【 KIZUNA 418(よいや)!】が次に出会えたときの合言葉となりました。

    パンデミックが起こり世界中の人々が外出自粛をする中で開催した『世界中の踊り子とよさこいを踊ろう!』でしたが、よさこいを通して世界中の踊り子の皆さんと繋がることができたこと、そして家にいてもよさこいを楽しむことができることが分かり、この様な生活の中でも失う物ばかりではないのだと、よさこいがもたらす可能性を感じずにはいられませんでした。

    まだ予断が許せない状況が続いておりますが、一日も早く平和な生活が戻り、世界中の踊り子たちが笑顔でよさこいを踊れる日が来ることを願っております。

    そして2021年のよさこい祭りに向けて、私たちも一歩ずつ歩んで行きたいと思います。

     

    最後にイベントにご参加いただいた世界中の踊り子の皆さま、そしてゲストとして参加して下さった先生方、ご参加とご協力、ありがとうございました!

     

    未来に向けて、、、、『 KIZUNA 418(よいや)!』

     

    高知県よさこいアンバサダー
    高知県よさこいマイスター
    高知県観光特使
    高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム代表
    カナダよさこい連・奏楓-KAEDE-代表

    文/田中 恵美子
    https://yosakoiambassador.com/

    動画編集/笹垣 慶太