高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

【ロゲットカードを巡る旅 第1弾】3時間でまわる海辺の至福時間!in土佐市

この情報は2020年6月22日時点の情報となります。

「LOGet!CARD(ロゲットカード )」は、7月3日から日本全国の観光スポットで配布されるコレクションカード。全国52種類のカードが発行されるなか、なんと高知県では仁淀川流域で6種類のカードが発行される!
全6回の高知県のロゲットカードを巡る旅。記念すべき第1弾は、土佐市へ取材に行ってきたぞ。

line

 

LOGet!CARDってなに?

LOGet!CARD(ロゲットカード)とは、日本全国の観光スポットを統一フォーマットでシリーズ化したコレクションカード。

令和2年7月3日(金)より配布がスタートし、各カードに設定された配布条件をクリアすることで、記念にカードを貰うことができる。

(公式ホームページ:https://loget-card.jp/)

ロゲットカード 土佐市

全国の名だたる観光地46ヶ所に加え、高知からは観光地6ヶ所で配布されることが決定!今回から6回に渡って、ロゲットカードがもらえる仁淀川流域の魅力を紹介していく。

 

土佐市のカードは「宇佐しおかぜ公園」

ということで、まずは高知市のお隣、土佐市でもらえるロゲットカードからご紹介。土佐市宇佐にある「宇佐しおかぜ公園」は、ホエールウォッチングや釣りを楽しむファミリーで賑わうスポット。巨大な鯨のモニュメントが目印だ。

土佐市でもらえるロゲットカードには、こちらの鯨のモニュメントの写真がドドーンと採用されている。

ここで、土佐市でロゲットカードを入手する方法を説明しよう。

配布条件は、「『三陽荘』で飲食、お買い物、宿泊・入浴等施設を利用された方」となっている。

でも、せっかく土佐市に来たのにカードを貰って帰るだけじゃもったいない。ということで、「3時間で楽しめる土佐市の魅力」を、土佐市観光協会さんに教えてもらった。

ロゲットカード しおかぜ公園

 

季節を問わず絵になるのが青龍寺(しょうりゅうじ)

宇佐しおかぜ公園から車で約10分。

青龍寺 土佐市

到着したのは、弘法大師が弘仁年間(810~824年)に建立した、四国霊場第36番の札所「青龍寺」。

新緑に包まれ、心地よい涼しさと凛とした空気が漂っている。

本堂へと続く石段は、今の梅雨時期にはたくさんの紫陽花が見られるとのこと。

季節の木々とお堂とが組み合わさる情景に、フっと心が休まる。

石段を登った先に見えてくるのは、歴史ある造りの本堂。

本堂の不動明王は、弘法大師が唐(現在の中国)に船旅をして暴風雨に遭遇した際、不動明王が波を鎮めてくれたことから祀られているという。

本堂に貼られたたくさんの千社札にも注目してほしい。

多くの人がどんな思いで青龍寺を訪れたかに思いを馳せながら、歴史とロマンを感じる静かな時間を過ごすことができた。

※現在は千社札を貼ることはできません

 

昭和にタイムトリップできる商店へ

青龍寺へ向かう途中で見つけた、レトロな雰囲気漂うお店。

青い空にシマシマの庇(ひさし)がキュートで、ついついお店にお邪魔してしまった。

出迎えてくれたのは、お店名物の木彫りウサギと笑顔の店主さん。

眉毛が自慢の木彫りウサギ。なんだか不思議と親近感が沸いてくる。

店内は「THE 昭和」な雰囲気で、小腹を満たしてくれる昔懐かしいお菓子も揃う。

 

三陽荘で味わう至福の時間

ついに最終目的地である三陽荘に到着。

ロゲットカード 三陽荘

今春リニューアルしたレストランは、オープンキッチンのライブ感あるレストランへと変身。

ここでランチを頂くことに。

取材当日は、コロナの影響で通常とは少し違ったメニューということだったが、お腹を空かせた私が選んだのは「1番柔らかいタン元のみを使用した牛タンわら焼き」。

注文が入ると手際の良い包丁さばきでお肉が切られ、あれよあれよという間にわら焼きの準備が完了。

ロゲットカード 三陽荘

わらに火がついた途端、目の前に大きな炎が上がり、思わずびっくり。

ロゲットカード 三陽荘

こちらが先ほどの牛タン。

わら焼き特有の香ばしさと、噛むたびに口に広がるジューシーな肉汁。

ロゲットカード 三陽荘

因みにこちらは、観光協会の方が食べていた「牛ひうちと雲丹の“うにく風”」。

本当はひと口欲しかったが、遠慮して食べ損ねたことを後悔…。

私たちの座った席は、目の前にドラゴンビーチが広がるテラス席。やっぱり海の見える席で頂く食事は解放感バツグン。

でも、これだけでは終わらない。

ロゲットカード 三陽荘

テラス席の横で見つけたのは、なんと無料の足湯。

海を眺めながら浸かることのできる足湯まであるなんてズルい!

大満足の食事を終え、カードがもらえるフロントへ。

フロントでお会計を済ませ、「ロゲットカードが欲しい!」と伝えるとカードをゲットできる。

お土産や日帰り温泉もあるので、それらを利用してカードをゲットすることもできる。

ロゲットカード しおかぜ公園

今回は、宇佐しおかぜ公園周辺のスポットを紹介したが、車で移動中に目に入る海沿いの景色も、土佐市の大きな魅力。

たった3時間じゃ物足りなーい!という方は、土佐市観光協会ホームページを参考に、もっと土佐市を満喫してみてほしい。

 

基本情報

三陽荘

住所:土佐市宇佐町竜504-1
電話:0120-154592
営業時間:(ランチ)午前11時~午後1時30分 オーダーストップ
(ディナー)午後5時~午後7時30分 オーダーストップ
https://sanyo-so.co.jp/index.html

青龍寺

住所:土佐市宇佐町竜163

土佐市観光協会

住所:土佐市高岡町甲2116-3(ドラゴン広場2階)
電話:088-881-3359
https://tosacity-kankou.com/

 

文/越知町地域おこし協力隊 ヒロセシンヤ