高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

よさこい界のオールスターが集結した『よさこい8』始動!今こそ世界へ元気を届けよう

この情報は2020年6月19日時点の情報となります。

皆さま、こんにちは!高知県よさこいアンバサダー・高知県観光特使の田中恵美子と申します。
この度、よさこい祭り中止の今こそ元気を届けたい!という想いを掲げ、振付師ら8人によって立ち上げた新プロジェクト『世界へつなぐ!よさこい8』の1人として活動を始めました。
これから『よさこい8』の活動を連載で皆さまにお届けさせていただきます!
第1回は”よさこい8誕生と立ち上げイベント”についてレポートします。

line

カナダ在住の高知県よさこいアンバサダー、田中恵美子と申します!

まずは簡単に自己紹介をさせて下さい!

私は、カナダのトロント市で日本語学校を営みながら、高知県よさこいアンバサダー・高知県観光特使として「高知発祥のよさこいを世界へ広げる」活動をしております。

よさこい歴は15年!よさこいに魅了されて、この素晴らしい日本文化を世界へ広めたいと日々活動しております。

現在はカナダトロント市で活動する「カナダよさこい連・奏楓-KAEDE-」

世界中から踊り子が集まった「高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム」

2つのチームの代表をしております。

 

世界が大きく変わって行く中で、私のもとに一本の電話が

2020年は、新型コロナウィルス感染症の拡大が世界規模になったことで人々の生活が大きく変わり、世界中のイベントが次々と中止や延期になっています。

そして、私たちが1年の中で何よりも楽しみにしているよさこい祭りも1954年の開始以来初めて中止となってしまいました。

私が代表を務めている「高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム」は、今年のよさこい祭りに世界14カ国80名の踊り子と共に参加する予定でした。

楽しみにしていたお祭りが中止になり、日本に入国できないどころか、カナダでも外出が制限される日々を送っていたとき、一本の電話が私のもとに入りました。

それは、以前ゲストとして私のYouTube番組に出て下さった振付師の田村千賀先生からでした。

千賀先生『今まさに世界難。全く先は、見えませんが、とにかく復興していかないかんよね。いえ、していきます。そう、心の復興です。よさこいの出番や

よさこいの出番!!!!!!!!

よさこいは戦後の復興と、市民の健康と繁栄を祈って始まったお祭りです。それから『よさこい8』立ち上げまで、あっという間の10日間でした。

 

世界へつなげ!『よさこい8』誕生!

千賀先生が発起人となり、新型コロナウイルスの影響で世界中の人々の心が疲弊している今、よさこいで少しでも笑顔になってほしい、そんな想いで集まったのは私を含むこちらの8名です。

【よさこい8メンバー】 

<高知 >
 田村千賀 (発起人):よさこい工房~祭彩〜 
 時久紀惠:Dance Studio ASTAiRE  
 樋口美加:MIKAダンスプロデュース代表  
 工藤理恵:ジャズダンススタジオ ソウルニューヨーク 主宰
 小倉卓浩:DANCE CREAM 
 國友裕一郎:SUGA JAZZ DANCE STUDIO IZANAI 須賀IZANAI蓮代表

<東京>
 中村信幸:天空しなと屋主宰      

<カナダ> 
 田中恵美子:高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム代表

上記の8名に加え、それぞれのダンススタジオ・よさこいチームからアシスタントが集まり、立ち上がったのが『よさこい8』です!

『よさこい8』紹介動画はこちら!

 

こちらが『よさこい8』のロゴです。8色の鳴子には、赤はトマト、黄色は文旦、緑はししとうというように、高知の特産物や風景の写真を入れ込み、世界へつなぐ虹をイメージしてデザインしています。

こちらのロゴやよさこい8のデザイン全般は、阪佳奈美さんが担当しています。

よさこい8の活動目的は

・世界的な非常事態が起きている今、よさこいで世界を繋ぎ、よさこいで人々を笑顔にする。

・よさこい8の活動が人々を繋ぎ、2021年に世界中の踊り子たちと高知で再びよさこいを踊る。よさこい祭り、そして高知の復興に役立ちたい!

そんな気持ちで私たちは立ち上がりました。

こちらは発起人である田村千賀からのメッセージです。

【発起人からのメッセージ】

高知よさこいの中止は、多くの人々を落胆させています。「祭」は人の心の躍動です。仕事を失い、お金を失い、心の活力まで失いかけてる姿を見ると、心がはりさけそうです。よさこいは戦後の商店街の復興を旗印に生まれましたが、本当に復興したのは「人の心」だったのではないでしょうか。今まさに、先人の思いを感じます。今こそ、笑顔を届け、世界中の人々の「心の復興」のためによさこいを通じて元気を届けないかんと思うちょります!よさこいは、今こそ世界を救う!

 

『4(よ)3(さ)5(こ)1(い)の日』に立ち上げイベント!高知と言えば…

昨年4月30日から5月1日になったときに、元号が平成から令和に変わりました。

新しい時代のよさこい界に希望をのせて、私たちは『4(よ)3(さ)5(こ)1(い)の日(4月30日、5月1日)』にスタートを切るイベントを開催することにしました。

(オンラインミーティング)

何度もミーティングを重ねて、私たちが立ち上げイベントとして選んだのは…

ずばり、よさこい8による『オンライン飲み会!』です!!!!

顔合わせをした日から、立ち上げイベントまではなんと10日間。

その間に何度も打ち合わせを行い、この暗い日々の中でどうしたら踊り子の皆さんが笑顔になれるか、ただそれだけを考えて皆で準備を進めました。

 

よさこい8によるオンライン飲み会!

2020年5月1日。

私たちはよさこい8によるオンライン飲み会を開き、よさこいの魅力、よさこい珍事件、未来に期待する事について話ながら、視聴者の皆さまと一緒によさこい話とお酒を楽しみました。

よさこい祭りが中止になり、悲しみに溢れた心をよさこいで満たしていく…。

私は海外にいるため、よさこい8の殆どの皆さまとは実際にお会いしたことがありません。

そんな中、泣いたり、笑ったりしながら、皆さんと一つになれたのは、『よさこいで世界を繋ぎたい!よさこいで世界を笑顔にしたい!』という気持ちを全員が持っていたからです。

この模様はYouTubeで生配信し、日本全国だけでなく世界中の方にご視聴いただきました。

オンライン飲み会の模様は現在1万回以上再生されています。

生配信後は視聴者の皆さま限定100名の方にご参加いただき、交流会を開催しました。

また、沢山の方からコメントをいただきました。

お話を聞くだけで元気が出たなぁ。早くお祭りができる日常が戻りますように。」
先生方のお話を聞いてると、なんかもう胸が熱くてとても嬉しくてやっぱりよさこいっていいなぁって。」
「よさこいは世界を繋ぐ。」
お願いだから(来年のよさこいに)帰って来てね!という中村さんの言葉、まさに今の自分の気持ちだ!みんな戻ってきてね。」
「泣いて笑って考えて、すごく濃い時間やった。8人だから伝わってくるよさこいの熱さと大きさと可能性。」
「色々なお話し聞けて楽しかったです!歴史的瞬間に立ち会ったような気がする。」
「自分は踊り子でも何でもない、ただの客に過ぎないけど、またよさこい見に行こうと思った。」

よさこい祭りは中止になってしまったけれど、世界中の人々と『よさこい』を通して繋がれることができる!

私たちはこの立ち上げイベントを通して、『よさこい8』が持っている無限大の可能性と、私たちがやるべきことに気付き始めていました。

(スタッフや関係者の皆さん)

以上、第1回は“よさこい8誕生と立ち上げイベント”についてお送りしました。

改めまして、『よさこい8』の活動をサポートして下さっている方々、立ち上げイベントにご参加下さった世界中の踊り子の皆さんに感謝申し上げます。

立ち上げイベント『よさこい8によるオンライン飲み会!』全編をご覧になりたい方は、YouTubeで『よさこい8』を検索してみてくださいね。

第2回は『よさこい8によるオンラインよさこい祭り開催!そして新たな目標に向けて』についてお届けいたします。

高知県よさこいアンバサダー
高知県よさこいマイスター
高知県観光特使
高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム代表
カナダよさこい連・奏楓-KAEDE-代表

田中恵美子

https://yosakoiambassador.com/

デザイン:阪佳奈美
動画編集:山本大雅