高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

奥物部で狩猟体験!?野獣に扮した熱燗ドラゴン、ジビエフェアでまさかの共食い

この情報は2018年2月16日時点の情報となります。

都道府県別の森林面積割合全国1位の高知県。自然と人との距離が近い高知で多発する鳥獣による食害の実態と美味しいジビエを熱燗ドラゴンがレポートするぞ!

line


すっかり高知の顔として定着してきたお笑いコンビ「熱燗ドラゴン」。
これはイノシシと鹿?だろうか。

一風変わったコスチュームを着ての登場だ。


ということで今回のテーマは「ジビエ」。
しんじょうさんのようにスレンダーで身の締まった鹿肉を食べに行くそうだ。


ジビエシーズンまっただ中の高知県。
そのシーズンにあわせて、40店舗の飲食店を対象に「よさこいジビエフェア」なるイベントを開催中だ。

 

鹿を求めていざ山へ!?


さぁ、イノシシと鹿、2体の獣に扮した熱燗ドラゴンのふたりがドナドナ…もとい、やって来たのは香美市の奥物部。


あたり一面、山と雪に囲まれたこの景色。
なんと飲食店がない場所に来たという!!?

これはどうしたことだ、本当にふたりともドナドナされてしまったのか??


いやいや、そんなはずはない。
ふたりには素敵なジビエを紹介するという重要な任務が課されているのだから。


そう。このふたり、鹿を獲りに来たのだ。
この格好だと、逆に捕獲されやしないかと心配になるのだが…。


ちなみに、しんじょうさん。
狩猟免許を持っているようだが、


そうは言っても、ここは見ず知らずの土地。
ふたりだけで山に入るのは危険ということもあり、


地元猟師の細木さんに同行して頂くことに。


鹿の食害は深刻で、高知県内の被害額は年間なんと2億円以上にも上るという。


その上、鹿も生き物。
最近では知恵を付け、民家の近くでは発砲できないことに気付き、あえて人里へ降りるケースが増えているのだという。


ちなみに、昨年の県内の鹿の捕獲数はおよそ2万頭。


それでも、食肉として流通するのはわずか1%。
やはり「鹿は臭い」「肉が硬い」といった先入観から敬遠されるのだという。


しかし、血抜きなどの下処理を適切に行えば、美味しくいただくことができるという。


「よさこいジビエフェア」はジビエ料理の美味しさを知ってもらい、消費を拡大しようという取り組みなのだ。

この日は、賑やかなロケだったこともあり鹿と遭遇することはできなかったが、熱燗ドラゴンのふたりも貴重な鳥獣駆除の現場を垣間見ることができたようだ。

 

ジビエ料理をいざ実食!


さぁ、そしていよいよお待ちかねの食事タイム!
奥物部の猟師の方々が獲った鹿は香美市物部町にある「べふ峡温泉」のレストランでいただくことができる。

「早速いただきましょう」と、意気込むおだっち。


さっきまでとは鼻の位置が明らかに変わり、すっかり食事モードだ。


そんなおだっちが頂くのは、鹿肉を鰹のたたきのように香ばしく焼き上げた「鹿肉のステーキ定食」。
なんでも塩麹に2日間漬け込むことで、柔らかく臭みを飛ばし、鹿肉のコクを感じられるように仕上げているのだそう。


鹿肉は脂身が少なく高タンパク低カロリー。
そして何と言っても、牛肉や豚肉とくらべて4倍もの鉄分を含んでいる優れた食材だ。


そしてしんじょうさんが頂いたのは「鹿肉の唐揚げ定食」。
高知特産の生姜とにんにくの効いた食べごたえのあるメニュー。


ここ、べふ峡温泉はその名のとおり温泉もあるので、お食事と併せて入浴も一緒に楽しんでほしい。


農産物への被害防止という人間の都合で「害獣」として捕獲される鹿やイノシシ、キジといった動物たち。


美味しく頂くことが、獲られた命に対するせめてもの供養になるはずだ。

 

イベント・施設情報

■よさこいジビエフェア2018
期間:2018年1月15日~3月14日
URL:http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/070201/files/2018011500073/gibier.pdf

■べふ峡温泉
住所:高知県香美市物部町別府452-8
営業時間:10:00~20:00(レストランオーダーストップは19:30)
TEL:0887-58-4181
URL:http://www.befukyou-onsen.com

※情報提供※ テレビ高知

文/大山祐司