高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

濵田高知県知事の強いメッセージ「ドリーム夜さ来いオンラインお役立ち大学」ドリーム夜さ来い祭り『新プロジェクト』スタート

この情報は2020年7月20日時点の情報となります。

世界各地や東京で「ドリーム夜さ来い祭り」を開催している「(財)ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団(東京都港区、理事長 扇谷ちさと〈高知県出身/高知県観光特使/港区観光大使〉)」がお伝えする、最新の取り組み紹介。財団が新しく開設したYouTubeチャンネル「ドリーム夜さ来いオンラインお役立ち大学」では、今後のよさこい祭りやSDGs(持続可能な開発目標)など、お役に立つ多様なトピックで斯界に名を馳せるメンバーを講師にお迎えして随時配信しています。今回の第2回目は、高知県知事に出演いただいた「~お役立ち大学」やデジタル革新(DX)などについてお伝えします。

line

ドリームよさこい

東京を拠点にニューヨーク・シンガポールなど世界で開催する「ドリーム夜さ来い祭り」

私たちは「世界の夢をつなぎ、SDGsにチャレンジする祭りへ」をテーマに2002年より東京で毎年11月に「ドリーム夜さ来い祭り」(共催:東京都、フジテレビ ほか)を開催しています。

会場はお台場・丸の内・秋葉原・東京タワーなど、東京を代表するスポットで展開しています。

19回目を迎える2020年は、11月6日(金)~11月8日(日)の開催予定です。

ドリームよさこい

この活動は、まだよさこいを「世界へ広げる」という発想や風潮のない時期から先駆けて進めてきています。

例えば、2013年からはニューヨークは「世界の交差点」であるタイムズスクエアやロックフェラーセンター周辺などで単独開催・普及を推進しています。

2018年からはシンガポール(オーチャード通り周辺など)で開催、2019年からマレーシア(ペナン)でも普及を進めています。

ドリームよさこい

ドリーム夜さ来いオンラインお役立ち大学の開設のねらいについてはこちらの記事を参照 ⇒前高知県知事 尾﨑氏が講師として出演!「ドリーム夜さ来い」youtubeチャンネル開設【その①】

 

濵田高知県知事 出演!世界・日本各地のよさこい関係者に力強いメッセージ

この度、濵田高知県知事より、各地のよさこい関係者に向けて力強いメッセージをいただきました。

コロナ禍で各地のよさこい祭りが中止に見舞われている中ですが、よさこいのごとく前進しよういう激励に、私たちも祭りを進化させよう!と元気が湧いてきました。

【参考】濵田省司様(高知県知事) 「よさこい人へのメッセージ」

 

よさこいの臨場感を体験!「VRドリーム夜さ来い祭り」プロジェクトが始動

①「お役立ち大学」はこれから新たなよさこい祭りを生み出すヒントの宝庫。

「お役立ち大学」で出演いただいた岡﨑直温氏(元よさこい祭競演場連合会会長)によると、よさこい祭りには一時期「アイディア賞」が設定されていたそうです。

これは演舞の完成度よりも、斬新さ・誰もやらなかったことを実現・既成概念を覆すチームに授けられた賞で、祭りの進化を促してきたと解説されています。この反響は大きく、実際に「アイディア賞」を検討しはじめた全国の祭り主催者の方もいらっしゃいます。

「アイディア」はよさこいチームのみならず、むしろ主催者側にも必要不可欠です。

withコロナ時代のよさこいは、これまでにない新たなアイディアの組み合わせで、持続可能な祭りへと進化するチャンスとも言えます。

 

②VR×ドリーム夜さ来い祭りを着想

当お役立ち大学の講座で、岡﨑氏はインターネットでの演舞配信はどうしても迫力に欠け、よさこいのエッセンスが伝わらない限界と、一方で祭りの歴史を振り返るときには発見や気づきを得るツールであるとお話されています。

実際の祭りが中止に追い込まれる中で、インターネット上での動画配信においてお祭りの開催も行われています。5年後、10年後の祭りの姿はどう変わっていくのか。私たちでも独自にできることはあるのかを検討しました。

その試みの一つとして私たち財団は、VR(仮想現実)を活用した「ドリーム夜さ来い祭り」プロジェクトをこのほどスタートしました。このVRドリーム夜さ来い祭りについては、今後も進展があり次第、ご報告できればと思います。

 

【参考:コンセプト動画】

 

祭りはその時代の社会に支えられてはじめて開催できるものです。

この記事をご覧になった皆様、お役立ち大学の配信を是非ご視聴いただき、祭りだけでなく、今後の人生にお役に立てば幸いです。

次回は、ドリーム夜さ来いオンラインお役立ち大学配信講座をヒントに今後の世界でのよさこい祭
りの普及展開についてお伝えいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

作/一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団事務局

 

一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団事務局

当財団概要

<一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団 設立目的>

この法人は、日本国内及び世界各国で「ドリーム夜さ来い祭り」を開催し、その普及・啓発・交流促進のための事業を行うことにより、①国内外の文化交流の促進、②青少年の健全育成、③伝統文化の継承、④世界の夢をつなぐ祭りの促進及び⑤世界における東京・日本の存在感の向上を図り、もって人・物の交流がもたらす文化・観光・商業等の経済波及効果及び公益性の高い恒久的な社会基盤の確立に寄与することを目的として設立する。   

<拠点>東京都港区 

<主催祭り展開エリア>

東京都(港区・千代田区・江東区)、ニューヨーク(タイムズスクエア・ロックフェラーセンター周辺)、シンガポール(オーチャード通り周辺、チャンギ国際空港周辺)

<所属>東京商工会議所会員、(財)東京観光財団賛助会員、(社)港区観光協会会員、

2020よさこいで応援プロジェクト実行委員会会員

<公式WEBサイト>http://www.dreamyosacoy.jp

 

当財団代表者プロフィール

扇谷 ちさと (Sentani Chisato) 

一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団 理事長
2020よさこいで応援プロジェクト実行委員会 理事
YOSAKOI JAPAN全国連絡協議会 副会長

高知県観光特使、港区観光大使、高知県よさこいマイスター、関東高知県人会 常任幹事、首都圏高知市の会 幹事長、関東土佐史談会 理事、東京黒潮会 幹事、土佐天竹会 副会長

東京都港区在住、高知県高知市出身