x
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

仁淀ブルーの聖地「にこ淵」観光と合わせて行きたいごはん屋さん!居心地が良すぎる山あいのカフェでまったり「おうちごはん」

この情報は2020年7月18日時点の情報となります。

いの町の中心部から、車で約40分ほど山間部に向かって進んだところにある小さなカフェ「うちごはん 空kuu」。ランチやお茶におすすめの居心地抜群の癒しスポットだ。
いの町の地域おこし協力隊が、町の魅力をお届けします!

line

高知市の隣に位置するいの町を流れる仁淀川。その透明度と独特な青さから「仁淀ブルー」と呼ばれる。仁淀川の支流「枝川川」にあるのが、今や仁淀ブルーの代表的なスポットとなった『にこ淵』だ。

滝壺は時間帯によって幻想的で美しい様々な青に変化する。中でも、真上から光が差す正午前後が仁淀ブルーが一層際立つ。

水神の化身とされる大蛇伝説が残り、地元の方は近寄らない神聖な場所(飲食・入水・トイレなどはNGだ)。

道中は急な階段で、毒蛇・毒虫などもいるので足元には十分に気を付けて。サンダルやヒールなどは避けた方が良いだろう。

 

さて、わざわざ『にこ淵』まで来たら、周辺で美味しいものも食べて帰りたいと思うのでは?そんなあなたにおすすめなのが、いの町吾北地区にあるカフェ「うちごはん 空kuu」だ。

『にこ淵』から国道194号線を高知市方面に車で約20分。右手にカーブミラーと集落の看板、左手にカフェののぼりが出ているポイントで左折して100mほど進むと…

仁淀川の支流にそそぐ小川沿いに建つ、小さなお店。お店の横には畑やきれいに手入れされたお花たち、そして手づくりの看板が。

「うちごはん 空kuu」に到着!

お店のこだわりは、店主のともこさんが選りすぐった地元いの町の新鮮な野菜や高知のおいしいもの、こだわりの調味料を使った手作りのごはんと飲み物。人気のメニューは、モーニングとコーヒー、そして毎日10食限定のランチだ。

 

高知県民も納得の終日モーニングはワンコイン500円から!

人口千人あたりの喫茶店数が日本一といわれる高知は、名古屋と並んで喫茶文化が日々の生活に根付いている。モーニングにはなかなかうるさい県民なのだ。

そんな地元民も納得のkuuのモーニングは、お得なワンコイン500円から。

この日のモーニングはこんな感じ。

香美市土佐山田町にある天然酵母だけで発酵させるというこだわりパン屋さん「さくらベーカリー」のハードトーストに、ともこさん特製の自家製ジャムを添えて。厚切りのトーストは食べ応えあり、野菜もたっぷりでヘルシー。

しかも、モーニングなのに終日注文可能なので、ブランチや軽いランチを食べたいという人にもおすすめだ。

 

コーヒーは「ぽえむ」の豆をその場で挽いて。

コーヒーの豆は、高知市内にある「コーヒー専門店ぽえむ」の人気商品「ジャーマンロースト」を使用。

注文を受けてからその場で豆を挽き、丁寧にドリップしてくれる。香り、甘み、酸味のバランスがよく、豊かで澄んだ味わい。

 

10食限定ランチは3種類。

ランチは、主菜を「グリルチキン(ハーブ)」「豚のしょうが焼」「須崎仕入れの干物」の3種類から選べる。使われている野菜、味噌、お米はこだわりのいの町産。毎食限定10食なので、予約すると安心だ。

一番人気はリピーターも多いグリルチキン。酒粕をまぶして柔らかくしたお肉を、ともこさんがブレンドした3種類のハーブでしっとり焼き上げている。

 

自家製ドリンクとスイーツも充実。

食事の他、自家製ドリンクもいろいろ(テイクアウト可)。

お子様ジュースはまさかの¥0。

スイーツは日替わりのプリンやマフィンなどと、

定番のシフォンケーキも数種類が日替わりで。

特別栽培の高級池川茶をぜいたくに使った「池川茶」や、ともこさんブレンドのさまざまなスパイスの香りが華やかな「スパイス」など、どれもおいしい!

この日のケーキは「プレーン」の自家製レモンジャム&生クリーム添え。

ふわっふわ!で三者のハーモニーが最高…!もちろんコーヒーにベストマッチ。ごちそうさまでした!

ランチからデザートまですっかり堪能したところで、店主のともこさんにお話を聞いた。

 

 

おうちみたいにまったりできる手づくりカフェ。

―kuuは、ともこさんがDIYで壁の漆喰を塗ったりテーブルをつくったり、手作りされたんですよね。すごい落ち着きます。うちの子どもも、お邪魔するといつも我が家みたいな顔してます。土足じゃないし、キッズチェアもあってお子様連れにもうれしいお店ですよね。

ともこさん:あんまりおしゃれすぎるお店じゃなくて、モーニングやランチに近所の人も気軽に来れるお店にしたくて。気負った「外食」でなく、家の延長のような気持ちでごはんを食べに来てもらえるよう、ナチュラルな雰囲気の店内にしました。モーニングからお茶の時間まで、ゆっくりしていってください。

お店のドアを開けるとスリッパがお出迎えしてくれるところも、まさに友人のおうちに遊びに来たような快適さ。お店に入る時に、ついつい「おじゃましまーす」と言ってしまう。

屋外が気持ちいい季節は、川を見下ろすウッドデッキでくつろげる。緑にかこまれて飲むコーヒーはより味わい深い!

最高!!

ちなみに寒い時期は奥の薪ストーブでほっこりできる。至れり尽くせり!!

 

食材は地元のもの、自然なものを。

―食材にもこだわっていますよね。地域の新鮮な食材を楽しめるのが嬉しいです。

ともこさん:なるべく地元いの町産の食材を使うようにしていて、近所の方に分けていただいたり、同じ吾北地区にある柳野に買いに行っています。それ以外も高知のおいしいものを取り寄せたり、調味料もなるべくこだわってセレクトしたものを使うようにしています。

いの町特産の生姜をたっぷりつかった、豚の生姜焼きランチ。

 

少しずつ変化していくお店は、手づくりならでは。

―インスタも拝見してます。「ゴースト夫」名義の旦那様の投稿が結構面白くて好きです。

ともこさん:私は料理をかまえたり、お店のことをしてます。夫は企画とインスタ担当で、今後は季節ごとにタケノコ掘りなど、お店でのイベントも企画してるようです。インスタは鬼嫁にやらされてる体で書いてると言ってました(笑)。

kuuのインスタ。メニューやお休みの情報、ゴースト夫さんの動向がチェックできる

―新しい試みですね。イベント楽しみにしてます!夏に向けて新メニューも加わったりしますか?

とこもさん:実は最近、金曜をカレーの日にしました。スパイスにはまっているので、スパイスたっぷりカレーから、家庭的な日本の「普通のカレー」まで、いろいろな種類を週替わりで出そうと思います。是非食べに来てください。

―カレー!!これは楽しみ!!しかも週替わりとは毎週行かないといけませんね…

とこもさん:お待ちしています(笑)。

 

2019年12月のオープンから、コロナウイルスの影響による休業を経て6月に営業再開したkuu。その間にウッドデッキや畑ができていたり、イベントや新メニュースタートしていたりと、ともこさん(とゴースト夫さん)が少しずつ手を加えながらますます居心地のいいお店になってきている。また、「おじゃましまーす」と友達の家を訪れる感覚で、ごはんを食べに行こう。

『にこ淵』帰りのあなたも、わざわざ行きたくなったあなたも、kuuでまったり「おうちごはん」はいかが?景色に心奪われ、ついでに胃袋まで掴まれちゃうかも。

 

店舗情報

うちごはん 空kuu

住所:高知県吾川郡いの町下八川乙243-1
TEL:080-8638-9000
定休日:月・火
営業時間:午前9時~午後4時
ランチ:午前11時30分~午後2時
※ランチは1日限定10食。
※定休日以外にも休業する場合があります。インスタをご確認ください。

WEBサイト:http://kuu-ino.mystrikingly.com/
Instagram:@uchigohan.kuu

文/いの町地域おこし協力隊 フルヤアサミ