x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

珍しい紅茶が揃う「お茶deちっちゃ」ほっとこうちがオススメする高知のランチ情報を紹介

この情報は2020年10月15日時点の情報となります。

「700円以上のメニューが500円で食べられる本」として全国的に有名な「ランチパスポート」。その発祥である出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報を紹介していくシリーズ。
今回はアットホームな雰囲気で、ゆったりランチが楽しめる高知市郊外のカフェをご紹介します。

line

 

高知駅から西へ車で約10分、福井町のJR線路沿いに建つカフェ「お茶deちっちゃ」に到着。

シックな外観にかわいいオーニングテントが目印。

入り口の赤い色のドアの隣に、白いドアが…大人が入るのは難しい小さなドアが。飾りかと思いきや、ちゃんと空くようだ。

お茶deちっちゃ

こちらのお店はご夫婦で営む、高知では珍しく紅茶を数多く取り揃えたカフェだ。

お茶deちっちゃ

英国の紅茶文化で知られるアフタヌーンティーも予約制で提供している。

お茶deちっちゃ

壁を見てみると、かわいらしいガーランドの上にはQueenのTシャツが。

お店の雰囲気とのギャップに驚きつつ、店主の水口さんに尋ねてみると、

「僕も妻もQueenが大好きなんですよ」とのこと。

お茶deちっちゃ

趣味が同じとは、とても仲良しご夫婦。

わんちゃんはご夫婦の愛犬で、とっても賢くて人懐っこいピットくん。

入口の小さな白いドアは、ピットくん専用の出入り口だったのだ。

お茶deちっちゃ

さて、今回注文したのはランチパスポート掲載の10月のメニュー「豚塩オムレツライスセット(レモン風味)」。通常803円のところ、ランチパスポート掲示でワンコイン(500円)でいただくことができるぞ。

 

メニューに載っている紅茶の種類の多さに驚きながら待つこと数分。

お茶deちっちゃ

お料理が到着。

豚肉がたっぷりのったワンプレートランチだ。

この豚塩が塩味が効いていて旨い!

トロッとしたオムレツと一緒に食べるとマイルドになってさらに食が進む。

お肉の下にたっぷり敷かれたライスと一緒にかき込めば、あっという間に完食。

お茶deちっちゃ

こちらはセットのデザート、紅茶ゼリー。

お店自慢の紅茶で作った自家製。香り豊かでこちらも美味。

 

お腹もいっぱいになって、店主の水口さんご夫婦との会話が弾む。

「コロナの影響で始めたテイクアウトが好評なんですよ」と水口さん。

お茶deちっちゃ

お店のテイクアウトメニューは7種類。

価格はコロナをもじって「567」円。安い。

 

お店の人気メニューがお家でも食べられるとあって、リピーターの方も多いんだそう。

中でも人気なのが、奥に見える「ふわふわ卵焼きサンド」。ほんのり甘い厚焼き卵とマヨネーズの風味がたまらない。水口さんも、奥様の作るこのサンドイッチが大好物なんだとか。

 

モーニングからランチ、アフタヌーンティーまで提供する「お茶deちっちゃ」。

仲良しご夫婦が営むアットホームなカフェで、美味しい食事と紅茶を楽しんでみては?

 

店舗情報

お茶de ちっちゃ

住所:高知市福井東町2-25 
電話:088-871-5561
営業時間:午前9時〜午後4時 ※土・日、祝は午前8時〜午後5時
定休日:金曜、第1・3木曜
https://www.facebook.com/ochadechiccha/

 

情報提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/