x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

ゆっくりのんびり「はるのTERRACE」でカフェタイム!ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2020年10月5日時点の情報となります。

ランチパスポート発祥のタウン情報誌「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報!
いつもより少し時間のある時、ゆったりランチを楽しみたい。そんな時におすすめの、のんびりカフェタイムを過ごせるお店をご紹介。さらに近隣のおすすめ観光スポットも合わせてご紹介するぞ。

line

カフェ「はるのTERRACE」

はるのTERRACE

高知市内から車を西へ20分ほど走らせて着いたのは、春野町にあるカフェ「はるのTERRACE」。畑や田んぼが広がるのどかな雰囲気の中に佇むカフェだ。

はるのTERRACE

店内に入り注文したのは、ランチパスポートメニューの「イタリアンパニーニと自家製レモンスカッシュ」。

「ランチパスポート(ランパス)」は、お得なグルメガイド本。掲載されている店舗に本を提示すると、通常700円以上のランチが500円で食べられる。1冊1,100円(税込)で書店・コンビニで購入可能だ。

こちらの店舗では、まずレジで注文と会計を済ませて、好きな席で料理を待つ。

はるのTERRACE

テーブルに料理が到着。

フレッシュなトマトやレタスをサンドしたパニーニは、頬張ると、中から熱々のモッツァレラチーズがとろ〜り。シンプルながら、チーズと野菜の美味しさが絡み合って相性抜群!

トマトは春野町産、モッツァレラチーズは本場イタリア産と、お店のこだわりが詰まった一品だ。

はるのTERRACE

セットのドリンクはレモンスカッシュ。

レモンを浮かべた見た目が爽やかで、一口飲めばシュワっとした炭酸の刺激とスキッとしたレモンの酸味が口いっぱいに広がる。こちらのドリンクは自家製のレモンシロップを使用しているのだとか。

はるのTERRACE

店内入り口では自家製パンを販売している。お店イチオシの柑橘系のパンや定番のものなど、目移りしそう。

はるのTERRACE

はるのTERRACEでは、オリジナルの商品も開発していて、高知県産生姜のジンジャーエールや、レモンに似た柑橘「土佐ベルガモット」を使った商品などラインナップも豊富。

ここで、店内でスイーツメニューを担当しているパティシエの筒井さんにお話を伺った。

-普段はどのようなお客様が多いですか?

筒井さん:女性を中心に、平日はお仲間で、休日はご家族でいらっしゃる方が多いです。ランパスは、男性のお客様にも多くご利用いただいています。

-読者やお客様に一言お願いします。

筒井さん:高知の美味しいものを使った料理やスイーツを、のんびり楽しみに来てください。

モーニングからカフェタイムまで続けて営業しているので、利用しやすいのが嬉しい。高知の素材を活かしたメニューをのんびりと楽しみたいなら、ぜひお出かけしてみては?

 

近隣観光スポット情報

ランチを楽しんだ後は、さらに近くにお出かけ。

桂浜

やってきたのは高知屈指の観光スポット、桂浜。

桂浜水族館

その桂浜で外せないのが「桂浜水族館」だ。

桂浜関連記事➡ 高知・桂浜水族館は愛で溢れている 愛だろ……愛!

「見て」「触れて」「楽しむ」をテーマにした、体験型の水族館。

桂浜水族館

メインキャラクター「おとどちゃん」のモデルになっているトドの大プールや、芸達者なカワウソ、間近で餌やりができるペンギンやウミガメなど。小さい水族館ながら楽しみが満載で、大人も子どもも満足すること間違いなし!

桂浜

水族館を楽しんだら、波音を聞きながら桂浜を散策。

のんびりカフェとかわいい動物たちに癒されて、活力チャージ完了!

 

ほっとこうち関連記事➡ 遅いランチでもOKな「10cafe_(テンカフェ)」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

 

店舗・施設情報

はるのTERRACE 本店

住所:高知市春野町弘岡下2869-1
電話:088-850-3123
営業時間:午前7時30分〜午後6時(LO午後5時30分)
http://www.harunoterrace.co.jp/

 

桂浜水族館

住所:高知市浦戸778 桂浜公園内
電話:088-841-2437
営業時間:AM9時〜PM5時
休:無休
料金:大人1,200円、小・中学生600円、幼児(3歳以上)400円
https://katurahama-aq.jp/

 

情報提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/