高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

「見目麗しきイタリアンのアンティパストたち」食べ歩きスト マッキー牧元の高知満腹日記セレクション

この情報は2020年9月20日時点の情報となります。

    立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食家・食べ歩きストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回は、マッキー牧元さんが食べ歩いたイタリアンの中から、メインの食事を盛り上げる、目にも美しいアンティパストがいただける高知のお店3店舗をご紹介します。

    line

    イタリアンの前菜「アンティパスト(Antipasto)」。

    「Antipasto」は「食事の前」という意味で、ラテン語で「ante」は「前」、「pastus」は「食事」を意味します。

    その種類は、カプレーゼやマリネ、カルパッチョといった冷たい前菜から、バーニャカウダ、フリッタータなどの温かい前菜まで、いろいろな種類があり、お酒にもよくあいます。

    今回ご紹介するのは、そんなアンティパストが、いずれも見目麗しき、そして味は言わずもがなのステキな3店舗です。

     

    「田んぼの中にある一軒のイタリアンは“自然”という言葉の真意を教えてくるのであった」

    田んぼの真ん中の一軒家である。

    ぽつねんと佇む一軒家は、イタリア料理店であった。

    店名は、「da zero(ダ ゼロ)〜自然イタリア料理〜」という。

    「いらっしゃいませ。おまちしておりました」。

    扉を開けると優しい笑顔をされたシェフご夫婦に出迎えられた。

    窓からは、のどかな田園風景が望める。こんな光景を眺めながらの食事は、なんと心地いいのだろう…

    続きを読む▶▶「田んぼの中にある一軒のイタリアンは“自然”という言葉の真意を教えてくるのであった」

     

    「焼肉屋の片隅で営む、地元の食材を愛す実力派イタリアン」

    「え?ここ焼肉屋じゃない。どこにイタリアンがあるの?」

    高知県中部多の郷にあるイタリア料理店「レガーロ」の住所に着くと、一階は精肉店、二階は「焼肉たけうち」だった。

    「とりあえず二階に上がってみましょう」。

    半信半疑で二階に上がると、やはりそこは正真正銘焼肉店である。

    間違えたか。ガセネタか?

    一同一瞬焦ったが、なんと焼肉店の片隅に仕切りがあり、小さな店があるではないか…

    続きを読む▶▶「焼肉屋の片隅で営む、地元の食材を愛す実力派イタリアン」

     

    「彼のイタリア料理を食べに、わざわざ足を延ばしたい。そんな、愛すべき変態が、土佐町にいる」

    …各種ハム、ソーセージ盛り合わせやカプレーゼ。カルボナーラやペペロンチーノ。

    どのイタリア料理店でも見かける、おなじみの料理名が並んでいる。

    まずは無難に行こうと思い、「ハムやソーセージ類は何があるんですか?」と聞いてみた。

    「今日は三種類の自家製サルシッチャ(イタリア風ソーセージ)があります。ハム類は、生ハムもご用意できますし、自家製のモルタデッラとソプレッサータもあります」。

    耳を疑った。

    東京でも モルタデッラハム(豚脂やひき肉で作ったハム)やソプレッサータ(豚の頭部分や耳、舌で作ったハム)はイタリアの市販品を使い、自ら作っている人は、ほとんどいない…

    続きを読む▶▶「彼のイタリア料理を食べに、わざわざ足を延ばしたい。そんな、愛すべき変態が、土佐町にいる」

     

    いかがでしたか?

    「高知満腹日記」では、イタリアンの他にも、いろいろなジャンルの高知グルメを紹介していますので、是非ご覧ください。

    もっと読む▶▶食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

     

    ※各リンク記事の内容は、記事が掲載された時点のものになります。詳細については各店舗にご確認ください。