x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

「Go To 高知でカツオ“じゃない”魚を食う!高知で旨い海鮮食うならココに行け」美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記セレクション

この情報は2020年10月18日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食おじさんマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回は、マッキー牧元さんが食べ歩いた料理店の中から「カツオじゃない店」3店舗をご紹介。カツオの他にもこんなに旨い海鮮が食べられる!

line

前回の記事では、ビジュアルインパクト絶大のハンバーガーから、県民熱愛のテイクアウト弁当に焼きそばまで、奥深い高知の食をご紹介しましたが、今回は高知の本来のウリ!「海鮮」です。

前回記事を読む▶▶「ハンバーガーにチキンナンバン!Go To 高知でいただくオススメご当地メシ アレコレちょっと通な3店舗」

高知と言えばカツオ、カツオと言えば高知というくらい、高知とカツオは切っても切れない関係。

当然、Go To トラベルスタート東京解禁に合わせてカツオのおススメ店舗記事を掲載しました。

関連記事を読む▶▶「カツオならここで食え!Go To カツオ! Go To 高知!」

しかし!今回はそのカツオ“じゃない”海鮮食材がいただけるお店3店舗をご紹介します。

金目鯛「料亭 花月」室戸市室津

キンメ丼である。「室戸キンメ丼」である。今や高級魚になったキンメがどっさりと乗った丼である。

ご飯の上、手前に控えしは分厚く切られたキンメの刺身、そして奥左がカンパチ、右がハガツオで、一番奥におわしますは、キンメの照り焼きである。

まずこれは、どうあってもキンメの刺身からだろう。

むにに。歯が柔らかいキンメに入ると、脂ののった身から甘みが流れ出る。

深海魚であるキンメは、都心で食べると脂がだらしなく、焼いたり煮たりするのはいいのだが、刺身にすると脂が舌に残る感じがある。

しかし、すぐ目の前の深海から今朝上がったばかりのキンメは、脂がしまっていて、この魚の生命力の高さを痛感させるのである。

顔がにやけてたまらない…

続きを読む▶▶「ここは竜宮城か。キンメの刺身、しゃぶしゃぶ、煮付け、茶漬けの攻撃に撃沈すの巻」

 

ウツボ「久礼 大正町市場」高岡郡中土佐町久礼

ウツボといえば今では高級魚だが、昔は雑魚だったという。

「昔は市場で笑いよったら、漁師が「取っていけ」いうてタダでくれよったがよ。けんど、いつの間にやら高級魚になりよった。ガハハハ」。

そう久礼の川島昭代司さんは言って、豪快に笑った。

川島さんは青柳裕介の漫画「土佐の一本釣り」のモデルになった人である。

その川島さんが「ウツボのすき焼き」を作ってくれるという。

「えっ? ウツボといえばタタキじゃないの?」と聞く。

タタキは高知市内の居酒屋には必ずある、高知の名物料理である。

「いやウツボは、すき焼きよ」と、川島さん胸を張る。

すき焼き煮で食べるようになったのは事情があるらしい…

続きを読む▶▶「ウツボはすき焼きに限る!!久礼の漁師料理に悦楽を得たの巻」

 

伊勢海老「いせえび料理 中平」須崎市浦ノ内

「ギィ、ギィッ、ギィッ」。

伊勢海老が身を反らせながら、鳴いている。見事にでかい。

今朝獲れた伊勢海老だという。

ここは高知県須崎市浦の内池ノ浦にある伊勢海老料理店、「中平」である。

標高約120m、山の中腹を貫く横波スカイラインから海岸へ降りること5分、静かな漁港に着く。

この地で「中平」は、40年前に店を開いた。

伊勢海老は毎朝、刺し網漁で獲っているのだという。

「以前より減ってきて、規制もしゆうけんど、まだまだ豊富に獲れるがよ」と、「中平」のご主人は胸を張った。

森に隣接した土地がいいのだろう。木々から流れ出た養分が、急勾配の土地を伝わって海に流れ込む。

豊富な微生物が発生し、海藻が育ち、貝類やウニなどが活動し、それらを伊勢海老がせっせと食べる。

そんな循環が活発な海なのだろう。

伊勢海老の旬は、産卵期を終えて身が締まってくる10月から1月とされるが、ご主人に聞くと、「年中おいしいよ」という。

この漁港の生育環境が、いかに肥沃であるかの証明である…

続きを読む▶▶「伊勢海老は脚がうまいのである」

 

金目鯛にウツボ、伊勢海老まで「まさか!」のラインナップいかがでしたか?

高知に来てカツオだけ食べてちゃ、もったいない!

旨いものだらけの高知を、もっともっと紹介していきますのでお楽しみに!