x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

とまっくまの高知家はちきん畑訪問記「1樹に1玉のみのアンテナスイカ 江本農園へ行く」

この情報は2020年11月20日時点の情報となります。

高知県土佐市でトマト農家「ファーム輝」を経営されている「とまっくま」こと麻岡真理さんが、高知県内のはちきん(土佐弁で男勝りな女性)を訪ねてレポートします!今回訊ねたのは、季節ごとに楽しめるハウス栽培の「アンテナスイカ」を生産されているスイカ農家さん。

line

朝晩がぐっと寒くなり、冬の気配ただよう日に香南市夜須町の手結山にあるアンテナスイカを栽培する江本農園さんを訪れた。

江本農園関連記事 ⇒ 「シャリッ!!ひとつひとつ我が子のように育てた、甘いスイカのみずみずしさに、あなたはやられる。」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記 その86

外とは、うって変わってビニールの中はポカポカやったぞね。

「とまっくまちゃーん、はやかったねぇ。」

江本農園

私を迎えてくれたのは、太陽のような明るい笑顔のお母ちゃん、その名は江本美江さんじゃった。

美江さんは大阪生まれの高知育ち、大阪と高知のえいところを足して、2で割った感じながね。ご主人様のこうちゃんこと浩一さんと出会ったころは看護師さんじゃったと~。

江本農園さんの一年は秋にはじまるがやね。

1作目は9月に植えて、11月初旬から12月に収穫を迎える。次が2月中旬から3月上旬。その次が4月初旬から中旬、ラストが7月ながやと。一年中楽しめるねぇ。

江本農園

とまっくま:美江さん、美江さん、なんでアンテナスイカゆう名前なが?

美江さん:スイカのねえ、柄の部分が空に向けてピーンと伸びゆう所がアンテナみたいやろ。やきよ。

江本農園

とまっくま:そういえば、そうやね。空に浮いちゅうスイカを見たの初めてちや。

美江さん:うちの栽培方法はね、立体栽培というて、成長した実を空中に吊るすがよ。そうすることで、葉が重なったりせんき、太陽の光をたっぷり浴びれるがね。

とまっくま:ほうほう。美江さん、よく見たらひとつの苗に1玉やいか。すごい!!びっくりちや。

美江さん:1樹に1玉だけやき、栄養も集中するき、甘くて旨味のある果肉の詰まったスイカになるがよ。その証拠につるを付けてお届けするがね。

とまっくま:めっちゃスペシャルやいか。

コンコン コンコン(スイカを軽くたたく音)

美江さん 浩ちゃん とまっくま 一同(笑)

江本農園

浩一さん登場。

浩一さん:こうやって音の高低を聞き分けて、中の状態を判断するがです。

とまっくま:おおおお!フルーツトマトは表面のザリザリ感とかで判断するけんど、スイカも奥が深いねぇ。…ソワソワ…ソワソワ。

美江さん:どういた?

とまっくま:食べたーーーーい(笑)!

サクッ サクサク(スイカを切る音)

江本農園

とまっくま:キターーーーー

美江さん:食べてみて。

江本農園

とまっくま:パクッ!んまーーーーーーい!!たまらんちや。パクパク!もう一個、食べてかまん?

美江さん、浩一さん:「どうぞどうぞ

小腹?大腹をスぺシャルなスイカで満たされたとまっくまは、何とも幸せな気分じゃった。キメ細やかで美しい果肉、ジューシーな果汁、皮ぎりぎりまで甘味と旨味がつまっちゅう「アンテナスイカ」、恐るべし。一口でファンになったぞね。

畑での樹作りから始まって果肉の状態から察するに、株間や水分コントロール、土質に合った肥料選びまで、とことん研究された素晴らしいスイカであることは間違いない!とまっくまはリスペクトするぜよ。

アンテナスイカ LOVEやきに。

江本農園

アンテナスイカと同じくらい素敵なのが、江本さんご夫婦ながね。

とまっくま:ごちそうさまでした。ところで、お二人はどこで出会われたが?

美江さん:(照れながら)私が24歳の時、農業者関係のお見合いスキー旅行があったがね。スキーが趣味やったきよ、参加してみたがね。そこに浩ちゃんも参加しちょったがよ。私は芸西村に住んじょったき、手結山とは車ですぐで近かって、それで皆で花見やボーリングに行って、遊ぶことが増えて。1年と3カ月で結婚しちょった。

江本農園

とまっくま:農家になることへの抵抗はなかった?

美江さん:全然なかったがよ。看護師は天職やと思うちょったき、自分の変化には驚いたけんど。看護師は資格の仕事やき、いざというときは家族を支えることも出来るろう。結婚ってお互いが対等でありたいやいか。こうちゃんが農業を続けて、家にずっとおってくれる。これは大きな安心ながね。子育てもしてみたかったしね。

とまっくま:子どもさんは?

美江さん:3人おってね、2人が就職して独立したがよ(嬉)。

とまっくま:県外におるが?

美江さん:うん、会える時が楽しみながよ。

江本農園さんは、SNSでの発信力も素晴らしく、5年前に大きなグループから飛び出して、自分たちで販売する力も付けている。今では多くのファン達がアンテナスイカと江本農園さんを応援している。

江本農園

美江さん:8年前にSNSを始めて、ギアが入ったやね。知恵をしぼって、やる気を出して、人と繋がって、アンテナスイカの魅力をきちんと伝える。わくわくするちや。高知県をはじめ、野菜ソムリエさん、料理人さん、アンテナスイカを愛してくれてる皆様に応援してもらいゆう。ありがたいがね。スイカ・人・高知を愛しちゅうがよ!

江本農園

とまっくま:えいね~~。これからも元気で発信し続けてよ。

美江さん:太平洋でゆうゆうと泳ぎ続けるカツオのように、続けていくきね。

とまっくまは、今日もまた一人の素敵なはちきんとの時間を胸にスイカを小脇にかかえて、家路についたのであった。(帰り道に、持って帰りゆうスイカにかぶりついたのは、家族には内緒なのぢゃ。)

 

施設情報

スイカ屋えもと・江本農園

住所:高知県香南市夜須町手結山998-2
電話:0887-54-1356
https://suikaya.buyshop.jp/
http://blog.livedoor.jp/suikayaemoto/