高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

ひっそりと河畔にたたずむ夢の場所。香美市「夢の温泉」へ

この情報は2020年12月3日時点の情報となります。

自然豊かな高知県では、観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」を開催中!
今回は、寒~い季節にぴったり、昔ながらの風情漂う温泉宿「夢の温泉」をご紹介。

line

豊かな生態系を育み、古くから高知県の農業を支えてきた、香美市を流れる物部(ものべ)川。

そんな物部川のそばに、ひっそりと建つ温泉宿があります。

国道沿いに現れたのは「夢の温泉」という大きな看板。

看板に従って脇道に入ると、そこには昔ながらの2階建ての建物が姿を現します。

「夢の温泉」は戦後まもなく創業した、老舗の温泉宿。

もともとこの地が「夢野」と呼ばれていたことから、創業者の方によって「夢の温泉」と名づけられました。

その名の通り、宿からの眺めは夢のよう。

看板があった国道からは想像もできないような、非日常な風景が広がっていました。

ゆったりと流れる物部川のまんなかには、島のようにそびえ立つ巨岩。

陽の光を受けてきらきらと輝く水面と水鳥の鳴き声が、目と耳を楽しませてくれます。

2階には全部で8室の客室が。

和室は白黒映画に出てきそうな古風なたたずまい。

そして洋室。

外からは想像もつかないような高い天井におどろき!

どこか山間の別荘に来たかのような気持ちになりました。

広々とした空間は、家族連れでの宿泊にもぴったり。

ノスタルジックな雰囲気の中で、ゆったりと過ごせそうです。

そして、お楽しみの温泉!

敷地内に源泉があり、創業当時から多くの湯治客でにぎわっていたそう。

沸かす前の源泉は、かなり濃厚な硫黄のにおいが!

期待が高まります。

こちらは大浴場。

眼下には物部川が流れ、四季折々の植物が目を楽しませてくれます。

お湯は神経痛・筋肉痛・関節痛などに効果があるほか、湯上りのお肌のすべすべっぷりにびっくり。

また、湯冷めしにくくポカポカ感がずっと続きます。

家族風呂もあるので、こちらもぜひ利用してみてくださいね。

お風呂上りには自然豊かな敷地内を散策するのもおすすめ。

巨岩をつなぐ赤い橋は、抜群のフォトスポット。

高知ならではの柚子や、春には桜も楽しめます。

物部川には、越冬のため飛来している鴨がたくさん泳いでいました!

夜には、野生のたぬきが出没することもあるとか…!

こちらの建物は一棟貸し切りで宿泊できる「はなれ」。

なんだか親戚のお家に遊びに来たかのような、アットホームで懐かしい雰囲気が魅力です。

「夢の温泉」では宿泊・日帰り温泉とあわせて、お食事も楽しめます。

宿泊の際にはプランによって朝食・夕食が付けられるほか、日帰り温泉のお客様には予約制のランチも提供しているそう。お食事は1階の食堂で、美しい景色を眺めながらどうぞ。

メニューには自家製の味噌や自家栽培のお米「韮生米(にろうまい)」を使用。

「韮生米」は物部川の中・上流域の棚田で育てられた米で、高知三大ブランド米として知られています。

また、外のかまどでは、火を起こしてカツオのたたきを焼いたり、

近くでとれた竹の子を湯がいたりしているそう。

夢のような絶景に極上の温泉、そして昔懐かしい田舎暮らし気分を味わえる「夢の温泉」。

ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!

 

施設情報

夢の温泉

住所/高知県香美市土佐山田町宮ノ口364
電話/0887-52-2334(8:00~21:00)
HP/https://yumeno.jp/

※掲載されている情報は2020年11月現在のものです。

 


情報提供:高知県自然・体験型観光キャンペーン実行委員会

「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」特設サイト
https://kochi-experience.jp/

大自然を体感するアクティビティをはじめ、カツオの藁焼き体験や、土佐和紙の紙すき体験など、地元の人とふれあいながらほっこり楽しむことができる体験プログラムも充実し、訪れる人それぞれが、魅力的な休日を堪能することができます。

あなただけの新しい休日を、高知で見つけませんか?

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!