高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

バーベキューや星空も楽しめる 四国カルストのおすすめスポットを紹介

この情報は2021年2月15日時点の情報となります。

高知県と愛媛県の県境に位置する四国カルスト。

ドライブやキャンプ、天体観測など自然が好きな方に特におすすめの観光スポットだ。

そこで今回は、四国カルストの魅力をたっぷりと紹介する。

line

四国カルストってどんな場所?


写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

まずは、四国カルストについて簡単に紹介する。

そもそも四国カルストとは、愛媛県と高知県の県境にあるカルスト台地※のことで、東西の幅は約25kmにもわたり、「日本のスイス」とも言われている景勝地である。

このように、県境を表示している道路があるので、四国カルストに訪れた際は、記念写真を撮ってみるのがおすすめだ。

また、四国カルストは「日本3大カルスト」の一つであり、その広大な大地と青空のコントラストが絶景であることから、県外からも多くの観光客が訪れている。

さらに四国カルストには、

ツーリングやドライブルート
牧草地や高原の数々
ハイキングルート

など、たくさんの魅力が詰まった場所でもあるので、自然好きやドライブ好きな方は、ぜひ一度足を運んでみてほしい。

※【カルスト台地】石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食されてできた地形のこと。

 

四国カルスト ツーリング・ドライブルート「天空の道」

四国カルストの県道383号線はツーリング・ドライブに最適なコースで、大草原が広がるその景色は、まるでアルプスにいるかのような気分にさせてくれるのだ。

この県道383号線は、青空と白い雲がすぐ近くにあるように感じれらることから「天空の道」と呼ばれるようになり、その景色の壮大さから「日本百名道」にも選ばれている。

このルート内は、ガソリンスタンドが少ないため、あらかじめ十分なガソリンを入れておくことをおすすめする。

また、道幅が狭くなっているところも多くあるので、対向車との接触に注意してほしい。

天空の道の詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
【電話番号】0892-21-1192
【駐車場の有無】50台分あり(利用料無料)
【休業日】冬の間は路面凍結や積雪などの影響で車両の通行止め

 

四国カルスト観光スポット①「大野ヶ原」

大野ヶ原

ここからは四国カルストの4つの観光スポットについて紹介する。

大野ヶ原は四国カルストの西部に位置する酪農地帯で、民家や牛舎・飼料を貯蔵するためのサイロなどがあり、実際に人が住んでいる小さな町である。

最大の魅力は、草原にいる動物たちと触れ合うことができることだ。

四国カルストには数多くの放牧・酪農地帯があるが、実際に動物たちと触れ合うことができるのは四国カルストの中でこの大野ヶ原だけ。

ポニー牧場

動物たちと触れ合える「ポニー牧場」では、

・ポニー、ヤギ、シカ、うさぎ

など、全6種30匹(頭)の動物を飼育しているので、小さなお子さんはもちろん、大人の方でも十分に楽しむことができる。

高原で生産されている乳製品が買えるショップや宿泊もできるペンションなど、さまざまな施設がそろっていることも魅力だ。

「もみの木」というお店では、自家製のチーズケーキを食べることができ、全国からこのチーズケーキを目的に四国カルストに来る人もいるほど絶品だ。

このチーズケーキについては、後ほど詳しく解説する。

大野ヶ原の詳細情報

【住所】〒797-1434 愛媛県西予市野村町大野ヶ原
【電話番号】0894-72-1115(西予市役所 野村支所 産業建設課につながる)
【駐車場の有無】50台分あり(利用料無料)

 

四国カルスト観光スポット②「姫鶴平」

  

姫鶴平(めづるだいら)は、四国カルストの東部に位置する「四国の屋根」とも呼ばれている酪農地帯。

緑の大草原に白い岩肌の石灰岩が点在していることが特徴で、春~秋までは牛の放牧がおこなっている景色を見ることができる。

また、四国カルストの中でも多くのアウトドア施設が集中していることが特徴的で、

・キャンプ
・バーベキュー

などを広い草原の中で楽しめるのもの魅力。

また、素晴らしい景色を楽しめるコテージまであるので、家族や友人、恋人との旅行にもぴったりだ。

姫鶴平の詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
【電話番号】0892-21-1111(久万高原町役場 企画観光課につながります)
【駐車場の有無】50台分あり(利用料無料)

 

四国カルスト観光スポット③「五段高原」

五段高原は、四国カルストの中心部に位置しており、日本で一番高く(標高1,455.8m)広く長いカルスト台地。

最大の魅力は、石灰岩のかたまりである「カレンフェルト」や、すり鉢状の窪地である「ドリーネ」など、カルスト台地ならではの地形を存分に楽しめること。

運が良ければ放牧されている牛を近くで観察することもできる。

また、国有林内に存在するトチの巨木は、「森の巨人たち百選」にも選ばれたほど立派な木で、今もなお成長を続けているため、五段高原に訪れた際はぜひ立ち寄りたいスポットの一つだ。

五段高原の詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
【電話番号】0892-21-1192
【駐車場の有無】50台分あり(利用料無料)

 

四国カルスト観光スポット④「天狗高原」

天狗高原は愛媛県と高知県の県境にある高原で、季節の移り変わりと合わせて景色がガラッと変わることが特徴。

また、この天狗高原内の「天狗の森」ではハイキングをすることができ、専用のコースがあるので初心者の方でも気軽にハイキングを楽しむことができる。

ハイキングコースは全部で以下の3つ

【天狗ヒメシャラコース】片道距離:4,500m、所用時間:2時間30分
【カラマツ林コース】片道距離:1,000m、所用時間:45分
【天狗の森コース】1周距離:7,000m、所用時間:4時間

気になる方はぜひ体験してみてほしい。

また、冬場にはスキーをすることもできる。

春夏秋冬どの季節でも違った楽しみ方ができるのは非常に魅力的だ。

さらに、手を伸ばせば届きそうなほど満天の星空を楽むことができるのも特徴。

四国カルストに訪れるのであれば、外せないスポットである。

天狗高原の詳細情報

【住所】〒785-0504 高知県高岡郡津野町芳生野乙
【電話番号】0889-55-2021
【駐車場の有無】50台分あり(利用料無料)

 

四国カルストでランチするなら「姫鶴荘」


引用:https://www.yanadani-skk.jp/sorakiss/

四国カルスト周辺にはいくつかレストランや食事処がありますが、その中でもおすすめなのが姫鶴平の大草原の中にある「姫鶴(めづる)荘」だ。

リーズナブルな価格と豊富なメニューが人気で、とくに四国が特産の魚である「あまご」を使った料理がおすすめ。

姫鶴荘に行った際には、ぜひ「あまご」を食べてみてほしい。

また、レストラン以外に宿泊施設としても利用ができる。

部屋からは霊峰石鎚山をはじめとした四国山地が一望できるので、泊まりがけで四国カルストにいく予定の方は、ぜひ宿泊を検討してみてほしい。

姫鶴荘の詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷8111
【電話番号】0892-55-0057
【営業時間】 11:00~15:00(月曜・火曜は定休日)
【営業期間】 4月~11月(12月~3月はお休み)

 

絶品!四国カルストで食べられる濃厚チーズケーキ「もみの木」

大野ヶ原地区内にはチーズケーキが大人気のカフェ「もみの木」がある。

お土産店とカフェに加え、ポニー牧場が併設してある複合施設なのだが、なぜチーズケーキが人気なのだろうか。

「もみの木」のチーズケーキが人気の理由は、「濃厚さ」と「こだわりの製法」にある。

というのも、このチーズケーキは毎日手作りで丁寧に作られており、チーズケーキはお客さんに提供される時点でとろとろに溶けているほど濃厚なのだ。

そのため、「チーズケーキの概念が変わる!」と、口コミが広がり、現在ではお昼には売り切れてしまうほどの人気。

四国カルストと同時に、もみの木のチーズケーキを食べたいのであれば、午前中に訪れることを強くおすすめする。

営業時間は、10:30~16:30(4〜11月)となっている。

ただ、12/1~2/28の間は冬期間として休業しているので注意が必要だ。

もみの木の詳細情報

【住所】〒797-1434 愛媛県西予市野村町大野ケ原210
【電話番号】0894-76-0230 
【営業時間】10:30~16:30 (4月〜11月)
【公式Twitter】@mominok1956
【公式ホームページ】https://xn--u9j7ai7nscsexlw88y0iao14l.com/

 

四国カルストはキャンプの聖地

姫鶴平キャンプ場

大草原と青空の景色が魅力の四国カルストだが、実はキャンパーの聖地でもある。

四国カルストのキャンプ場である「姫鶴平キャンプ場」はその名の通り姫鶴平内にあり、利用する際は先ほどご紹介した「姫鶴荘」で受付をすることで誰でも利用可能だ。

また、広大な土地を活かした特徴として、キャンプサイトの設営場所は自由となっており、好きな場所でキャンプを楽しむことができる。

料金は、

【テント1張】500円
【車中泊1台】500円
【デイキャンプ1団体】500円

となっているので、かなりリーズナブル。

注意事項としては、

・食材や薪、炭の販売、またキャンプ用品の貸し出しをしていない
・浴場やシャワー施設なし
・直火での焚火や打ち上げ花火は禁止

などがあるので、事前に準備を万端にしてキャンプを楽しんでほしい。

姫鶴平キャンプ場の詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷8117
【電話番号】0892-55-0057
【営業期間】4月上旬~11月中旬
【公式ホームページ】https://yanadani-skk.jp/stay/camp/

 

四国カルストの宿泊ならコテージがおすすめ

  
引用:https://www.yanadani-skk.jp/sorakiss/

四国カルストは星空が綺麗ということで、宿泊をする方も少なくない。

そんな方におすすめなのが、「姫鶴平コテージ」だ。

四国カルストを一望できるコテージで、誰にも邪魔されない別荘のような使い方ができるのが魅力。

コテージなので食事も自炊をする必要があるが、姫鶴平コテージでは食器・包丁・まな板・鍋・フライパン・ボウル・炊飯器・トースター・箸・コップといった食事に必要な備品は完備されているので食材を持っていくだけでいいのだ。

四国カルストに泊まりがけで星空を見に行く際は、ぜひ利用してみてほしい。

姫鶴平コテージの詳細情報

【住所】〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷8118
【電話番号】0892-55-0057
【営業期間】4月上旬~11月中旬
【公式サイト】https://yanadani-skk.jp/stay/cottage/

 

四国カルストではバーベキューも楽しめる

姫鶴平キャンプ場では、広大な草原の中でバーベキューも楽しめる。

姫鶴荘に行ってバーベキューセット(1人2,500円)を頼むだけなので、気軽にできることが魅力だ。

絶景を見ながら食べる厚切りの土佐あかうしは格別。

また、屋外だけでなく屋内でのバーベキューにも対応しているので、まったりバーベキューを楽しみたい方におすすめといえる。

さらに、先ほどご紹介した姫鶴平コテージにも宿泊者向けのバーベキュースペースがあり、美しい風景を眺めながらお肉を食べることができるので、コテージに宿泊される方はぜひバーベキューもしてみてほしい。

 

絶景!四国カルスト「天狗高原」の星空

四国カルストの天狗高原は、日本有数の天体観測スポットとしても有名だ。

晴れた日に見ることのできる満天の星空は、まさに天然のプラネタリウムといえるほど圧巻。

天狗高原の星空がこれほどに綺麗な理由は、標高の高さにある。

というのも、天狗高原は標高1,400mと、四国カルストの中でもかなり高いところに位置しているため、周りに景色を遮るものが一切ないのだ。

そのため、手を伸ばせば届きそうな見渡す限りの星空を存分に観察できる。

また、天狗高原にある宿泊施設の「天狗荘」(※現在リニューアルオープンに向けてR3年6月末まで休業中)では、星が見える日に毎日20時から「スターウォッチング」が開催されている。

天狗荘のスターウォッチングには宿泊客でなくても参加することができ、毎日先着20名で料金は無料なので、星空観察をしたい方はぜひ利用してみてほしい。

スターウォッチングの詳しい内容としては、

・天体望遠鏡を使うことができる
・スタッフの方の説明を聞きながら星空を眺められる

など星空観察をさらに楽しめるような特徴がある。

天体観測というと、「空気が澄んでいる冬によく見える」というのが一般的だが、天狗高原の冬は寒すぎてゆっくり見ることができないため、冬は天体観測には適さない。

天狗高原での天体観測をする場合は8~9月がおすすめだ。

8~9月で見ることのできる星空としては、天の川や夏の大三角(こと座、はくちょう座、わし座)が見えることはもちろん、

・さそり座
・いて座
・やぎ座

といった多くの星座が確認できるので、事前に星座の形を調べておくとより楽しめるだろう。

さらに、望遠鏡を使うことで木星や土星などの観察もできるので、興味がある方はぜひ望遠鏡を持参してみてほしい。

 

高知駅からのアクセス

四国カルストの近くは公共交通機関が通っていないため、基本的には車でのアクセスとなる。

そのため高知駅前でレンタカーを借りてドライブを楽しむのがおすすめだ。

壮大な景色を満喫しながらのドライブはいかがだろうか?

①高知駅から北へ約4km進み高知自動車道の高知ICを利用する
②須崎ICで降り、国道197号を西に進む
③高野から県道48号へ続く東津野城川林道(東線)を通り天狗高原へ(須崎東ICより約1時間10分)

天狗高原の先に、五段高原、姫鶴平、大野ヶ原と続いている。

 

まとめ

最後にもう一度四国カルストについて簡単にまとめたので、一緒に振り返っていこう。

四国カルストの観光スポット
【大野ヶ原】民家や牛舎などがあり実際に人が住んでいる小さな町で、実際に動物と触れ合うことができる
【姫鶴平】緑の大草原に白い岩肌の石灰岩が点在していることが特徴で、アウトドア施設が集中している
【五段高原】石灰岩のかたまりである「カレンフェルト」や、すり鉢状の窪地である「ドリーネ」など、カルスト台地ならではの地形を存分に楽しめる
【天狗高原】ハイキングやスキーなどのアクティビティ環境が整っており、夜には満天の星空を観察できる

四国カルストのインドア施設
【ランチ】「姫鶴荘」のあまご料理がおすすめ
【カフェ】「もみの木」のチーズケーキがおすすめ
【宿泊】「姫鶴平コテージ」で別荘気分を味わえる

四国カルストのアウトドア情報
【キャンプ】「姫鶴平キャンプ場」で広大な景色を眺めながらキャンプができる
【バーベキュー】土佐あかうしを美しい景色を眺めながら堪能できる
【星空観察】「天狗高原」で360°の天然のプラネタリウムを楽しめる

四国カルストは、ただ景色がきれいなだけでなく、旅行や観光にぴったりの多くの魅力が詰まっていることが分かったのではないだろうか。

自然好きの方は、ぜひ四国カルストに訪れてみてほしい。

 

関連記事はコチラ⇨天狗高原で雪遊び!!2018年一発目、早くも熱燗ドラゴンがスベリ倒す!?