高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

隈研吾デザイン「住箱」から観る天の川が一生忘れない美しさ

この情報は2018年5月22日時点の情報となります。

アウトドアブランド「スノーピーク」と建築家・隈研吾氏のコラボで誕生したトレーラーハウス「住箱(じゅうばこ)」。今年4月に高知県越知町にオープンしたスノーピークおち仁淀川キャンプフィールドでは、その「住箱」に宿泊することができる。

line

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドで宿泊できる「住箱」は、建築家・隈研吾氏とスノーピークのコラボレーションで生まれた移動式の木製トレーラーハウス。住まいと自然の関係を調和させ、「自然指向のライフスタイル」を具現化したという新しい形の住居の泊まり心地はいかに。

 

住箱に泊まるには

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドでは、「住箱」に宿泊することができる。利用料金は1室2名まで17,280円。
※小学生以下であれば2名まで追加可能(1名追加ごとに3,240円追加)

実はこの住箱、販売もされているそうで、スノーピークのカタログにラインナップされている。

価格は350万円(税別)。

 

まずはチェックイン!

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドは高知市から1時間ほどの場所にある。

まずはフロントでチェックイン。

利用料金の支払いが終わると、スタッフから宿泊にあたっての注意事項の説明がある。

鍵や備品などを受け取ったら、車で指定された住箱に向かう。

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドには10棟の住箱が設置され、リゾート地のような開放感あふれる空間が広がっている。

住箱前のウッドデッキは隣戸との区切りがなく、宿泊者の共用スペースとなっている。

 

住箱の内部へ

車は住箱のすぐ横に駐車できる。

いよいよ、住箱の内部へ!

次のページを見る