高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

ユーモアと悲哀たっぷりの「高知家」自慢 川柳2020!688句の中から受賞作品が決定

この情報は2021年1月18日時点の情報となります。

「高知家」自慢をテーマに高知で初めて行われた地元サラリーマン川柳、略して「ジモサラ」。
2019年に初めて開催し、2020年が第2回目。
高知県内外から応募をいただいた作品の中から入選作品がついに決定!いったいどんな「高知家」自慢が選ばれたのか、入選作品をご紹介しよう。

line

第一生命保険株式会社が1987年から毎年開催している「サラリーマン川柳コンクール」。

そのサラリーマン川柳の地元版「地元サラリーマン川柳」は、2019年に「高知家」自慢川柳2019を行い、高知家の魅力にあふれる川柳を高知県内外からたくさん応募いただいた。

「高知家」自慢川柳2019記事はコチラ⇒「高知家」自慢 川柳2019 638句の中から選ばれた入選作品は高知家の・・・「あるある」

 

2020年も、前年に引き続き『「高知家」自慢』をテーマに「地元サラリーマン川柳」を開催。
8月1日から10月15日まで間、高知家自慢の川柳を募集した。

いったいどんな「高知家」自慢が詠まれたのか・・・。

 

応募作品は688句

今回も高知県内はもちろん、北は青森県から南は沖縄県まで県外からもたくさんの応募があった。その数は昨年の638句を上回る688句。

厳正なる審査の結果、688句の中から高知県知事賞と第一生命賞が各1作品、後援企業賞が5作品、優秀賞5作品、佳作賞20作品の合計32作品の入選作品が決定。

それでは、「高知家」自慢 川柳2020 入選作品をご紹介しよう!

 

入選作品は

【高知県知事賞】
人情と たたきは厚い 高知流

高知県知事賞に輝いたのは、高知の魅力である「人情」と「カツオのたたき」を「厚さ」という共通の言葉を用いて表現した作品。高知県民の温かさと豪快さが同時に伝わる作品だ。

【第一生命賞】
消毒じゃ 言うておんちゃん 酒を飲み

第一生命賞に輝いたのは、新型コロナ感染症の影響をうけた今年の世相が伝わる一句。そこに、高知県民のイメージを想起させる「お酒が好き」というストレートなメッセージが加わった、クスッと笑える作品だ。

そのほか、協賛各社の賞は次のとおり。

【高知新聞社賞】
早く来い カツオと孫が 戻る春

【高知放送賞】
仁淀川 陽ざしと水の 万華鏡

【四国銀行賞】
タタきたい カツオじゃなくて 嫁の腹

【損保ジャパン賞】
高知では 「ぜよぜよ」意外に 言わんぜよ

【アフラック賞】
高知家は 三密避けても 親密だ

 

【優秀賞:5作品】

高知家は 酒好き食好き 客が好き
休肝日 決めて破って 又決めて
コロナ禍で 心をあらう 仁淀ブルー
古女房 よさこい踊れば 恋女房
よさこいが 結んだ縁で 高知家へ

【佳作賞:20作品】

たまに顔 隠す照れ屋の 沈下橋
来年は 二十倍返えしの 鳴子音を!
語尾に「ぜよ」 みんながみんな 付けんぜよ
まとめ買い いいえこの酒 今日の分
方言は トムとジェリー ちゅうとにゃあ
高知家の 新たなルール エア乾杯
ようきたね 土佐のさわちで おもてなし
たたいても あぶってもダメ この脂肪
食材の 三密皿鉢じゃ 許される
高知家は 離れていても 絆あり
ボケたふり 妻の小言を スルーする
お勧めは 鰹と人の 活きの良さ
返杯が 返ってこない ボッチ飲み
土佐和牛 角出た妻も モウ笑顔
即仲間 土佐のおきゃくの 酒文化
昼間から 酔ってもマスクで 知らん顔
就活も 鰹のように 釣られたい
宴会が 終わって気付く あなた誰
箸拳も 皿鉢も今は ディスタンス
自粛中 パパは料理で ママ手酌

高知の県民性や日常の魅力のなかにサラリーマン川柳の特徴であるユーモアや哀愁が光り、高知県民はもちろん、県民でなくても「そうそう!」と共感したり、「え?!」と思わず笑ってしまう作品ばかり。

今回も高知家自慢が満載の作品がたくさん集まった。

 

表彰式開催

今日1月18日に表彰式が開催され、高知県副知事と第一生命高知支社長から表彰状の授与と高知県産品が贈呈された。

表彰式の最後には、皆さんにこやかな様子で記念撮影。

高知県知事賞を受賞した雅号天真らんらんさんは、「高知が大好きで、高知が自慢できる人柄と鰹のタタキを魅力として伝えたいと思いました。高知県民は、人情が厚く、大らかな人や優しい人が多いと思います。難しいなと思う人も、よく知るととってもいい人なんです。高知家自慢川柳を高知県出身の県外の方に詠んでもらって、高知に帰ってくるきっかけになって欲しいと思います。」と話した。

今回受賞した、高知県知事賞と第一生命賞、後援企業各賞と優秀賞の12句は「第34回サラリーマン川柳全国優秀100句」の選考対象になる。

入選作品は、第一生命保険株式会社地元サラ川2020特設サイト(1月27日(水)10時公開)のほか、高知県庁1階玄関ホール(2月28日まで)、高知県地産地消・外商課ホームページで紹介するので、ユニークなサラリーマン川柳に癒やされて欲しい。

 

【お問い合わせ先】
第一生命保険株式会社高知支社
住所:高知市南はりまや町1-2-2
TEL:088-823-2555(午前9時~午後5時)
営業時間:午前9時~午後3時半