高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

うまい料理と酒にはロマンあり。ロマンの向こうにあるものは?「酒菜 浪漫亭」

この情報は2018年6月16日時点の情報となります。

お酒大好きな藤崎アナウンサーがただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。今回は、高知市追手筋にある「浪漫亭」へ。

line

今宵のへべれけの舞台は追手筋の北側に位置する「酒菜 浪漫亭」。

お店の入り口では店長の川田さんがお出迎えし、

中に入ると、社長の植野さんもお出迎え。

実は植野社長と藤ちゃん、お互いを「ハゲ」まし合う仲なのだとか。いったい、なにを「ハゲ」まし合うのか・・・

この浪漫亭、味は高級、値段はリーズナブルという素敵な割烹風居酒屋。

ということで、お店の名前入りのグラスで、本日の一杯目「生ビール」をいただきます。

目を閉じて美味しそうに味わう藤ちゃん。

大事なことだから二回言いたかったみたいです。

本日の一品目は「お通し 三種盛り」。

左から「フキとゴボウのうま煮」、「エビのすり身オランダ揚げ」、「鶏ササミの南蛮漬けと大根のしょうゆ漬け」。お通しからお料理に対するこだわりがみえます。

よく来ているという藤ちゃん、浪漫亭の魚の素晴らしさを知っているからこそ、今日はお魚以外を楽しみたい。

というわけで、まずは「和風串かつ」。

自家製のさっぱりダレでいただく。

中もジューシーで美味しそうだ。

続いて、「四万十ポークスタミナ焼」

この料理、ビールに合うにきまってますやん…

いつも以上のペースで、ごんごん飲んじゃってます。※ごんごんは土佐弁でどんどんの意味。

ビールを空っぽにし、いつもの日本酒。今日は酔鯨酒造の「酔鯨竹寿」。

これを「土佐珍味盛」と合わせていただくようです。

酒盗をはじめとした高知県民ならおなじみの珍味が盛りだくさん。これは、お酒が進みます。

ここで最近の定番、お店を楽しむための小ネタ集

こちらのお店は個室や座敷もあり、少人数でゆったり、大人数での宴会も対応できる。

料理で出てきた珍味をはじめ、THE・高知の料理が満載で、観光客にも喜ばれている。

料理長のおススメはこちらの「魚(ぎょ)ソーメン」。魚の糝薯(しんじょう)を麺に具材もたっぷりの一品。これは食べてみなければ。

日本酒も飲み干し、酔いが深くなってきたところで、本日の〆を。先週からの流れをうけ、店員さんにおススメしてもらうというスタイルを取る藤ちゃん。今日は「サケのスパゲティ」がおススメらしい。

こちらのスパゲティは、宴会料理で女性に人気の料理だそうで、限定メニューらしく事前に予約しておくのがおススメとのこと。

鮭のちゃんちゃん焼のように、鮭と味噌って合うんですよね。

本日も美味しい料理をたくさんいただき、最後には握手を求める藤ちゃんでした。

さて、本日は酔いどれ川柳です。

 

今宵の酔いどれ川柳

ロマンの向こうにあるのは「二日酔い」でした。毎度のことながら、飲み過ぎ注意ですね。

今回紹介したお店

浪漫亭

住所/ 高知県高知市追手筋1-3-23

電話番号/088-873-0137

営業時間/[月~金]午後5時~午後10時30分 [祝]午後5時~午後10時

定休日/日曜 12月31日~1月4日

※情報提供※  テレビ高知

文/ナカノマサミツ