高知県メディア初潜入! 高知名物「ミレービスケット」製造の始まりは名古屋にあり!?

高知名物として知名度の高いミレービスケット。実は製造工程の始まりは名古屋にあるとか?
ミレービスケットの”源流点”に高知県内メディアとして初潜入だ!

一度食べると止まらないクセになる味が人気を呼び、高知県はもとより全国にファンを拡大しているミレービスケット。

一般的には高知県の野村煎豆加工店が製造する「高知県のご当地お菓子」とされることが多いが、ミレービスケットを油で揚げる前のビスケット生地は名古屋で製造されているという情報を聞きつけた取材班。

その真相を確かめるべく、取材班は名古屋へ向かった。

 

老舗菓子メーカー 三ツ矢製菓へ

訪れたのは名古屋市に本社を構える「三ツ矢製菓」。創業は大正7年、会社としては昭和6年にキャンディーやゼリービーンズを作る菓子メーカーとして設立された老舗製菓会社だ。

話を聞かせてくれたのは総務部長の水谷さん。

―高知のミレービスケットの生地をこちらで作られていると聞いたのですが、本当ですか?

水谷さん:「はい、本当です。今から50年ほど前、昭和40年代に明治製菓(現在の社名は『明治』)からミレーの製造を引き継ぎました。野村煎豆加工店さんは当社が製造を始める前、つまり明治製菓でミレーを製造していた時代から取引があったようですので、ミレーとのつながりでいうと当社より野村さんの方が長いということになりますね。」

―ミレーの語源はなんですか?

水谷さん:「残念ながら、語源はよくわからないんです。ただ、「ミレー」の商標を持つ明治にライセンス料を払っているのは当社だけなので、当社で作ったビスケット生地以外は「ミレー」を名乗れないことになっています。会社によって「ミレービスケット」といったり「ミレーフライ」といったり、様々な名称で販売されています。」

やはり、高知のミレービスケットの源流点は名古屋にあるようだ。

今回は特別に、ミレービスケットのモトとなる素焼きのミレーを製造している現場を見せてもらえることに。

 

ミレーの源流点に潜入

そびえ立つ白い建造物は、ビスケット生地の主原料となる小麦粉の貯蔵タンク。トラックから運ばれた大量の小麦粉がこの中に貯蔵されているそうだ。

国際基準に準拠した衛生管理が行き届いた三ツ矢製菓の工場。異物が混入しないように取材班も万全な対策を施した後、いよいよ工場内部へ。

まず案内されたのがこの機械。

ここは主原料である小麦粉が砂糖、水と初めて出会う場所、

いわば「ミレービスケットの源流点」とも言える場所だ!

原材料が入れられた容器は次の工程へ。この大きなミキサーで約40分生地がこねられる。タイマーが設定されているものの、最終的には熟練者の「指先の感覚」で硬さを確かめ、出来上がりを判断するそうだ。

次は生地を伸ばす工程へ。ベルトコンベアーを流れながら三段階で徐々に薄く伸ばしていく。

わずか数ミリにまで薄く伸ばされた生地は丸く型で抜かれ、

ついにホンモノの証、ミレー「MIRE」の刻印とご対面!

かわいい赤ちゃんのようで、たまらなく愛おしくなってきた。

 

灼熱のオーブンへ

型を抜かれた大量のミレーたちは灼熱のオーブンに吸い込まれていく。

オーブンの長さは約50メートル。200℃超に熱せられたオーブンの中を、ミレーたちが駆け抜ける。

長旅を終えたミレーたちはきつね色になって再登場。辺りには香ばしく甘い香りが漂う。

焼きあがったミレーはパラパラと音をたてながら大きな弧を描き、次々と2階に吸い込まれていく。

2階に到着すると金属探知機とX線検査装置を通過して、いざ梱包の工程へ。

今回は特別に焼きたての”素焼きミレー”を試食させてもらった。

まだほのかに温かくサックサク。油で揚げられたミレービスケットと違いあっさり味だが、後味のほのかな甘みは間違いなくあのミレービスケットだ。

 

いよいよ出荷へ

箱詰めされたミレーは丁寧に梱包され、出荷を待つことになる。

この日、出荷場所にはミレービスケット専用の大型トラックが横付けされていた。

驚きなのがその出荷量。毎日1,360箱、重量にすると6.8トンものミレーが高知に向けて出荷されている。枚数に換算すると約300万枚!

この素焼きのミレーが野村煎豆加工店で香ばしく揚げられ、一段と美味しくなって全国の消費者に届けられるのだ。

>>野村煎豆加工店の製造現場へ潜入した記事はこちら

水谷さん:「今は高知県の野村煎豆加工店さんと東海地方の5社ほどに出荷していますが、野村さんへの出荷量が断トツで多いですね。それだけ売れているということは、野村さんの企業努力の賜物だと思います。おかげさまで、当社もフル稼働で製造させていただいています(笑)」

実は名古屋と高知のコラボ商品だったミレービスケット。多くの人の努力が合わさって、高知名物ミレービスケットが全国に届けられているのだ。

 

※取材協力 三ツ矢製菓株式会社(http://www.mitsuyaseika.co.jp/)

ちなみに、全国放送のテレビでも取り上げられ話題となっている名古屋ご当地お菓子「ビスくん」は三ツ矢製菓の製品。原材料と製造方法は若干異なるものの、ミレーと同じ工場で製造されている親戚のようなお菓子。名古屋で見つけた際には食べ比べてみては。

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集