評判を呼び今年も開催!公園の遊具を鮮やかに彩る「五位山イルミネーション」

2017年に初開催され好評を博した高知県佐川町の「五位山イルミネーション」。
今年も開催されたこのイベントを、古川なるみアナウンサーが生中継でリポートするぞ!

今回は生中継で高知県佐川町は五位山緑地公園からお届けだ。

お送りするのは古川なるみアナウンサー。
放送があったのが11月9日ということで、もう終了してしまったが、

昨年大好評だったというイベント「五位山イルミネーション」が今年も開催されるということでかけつけたのだという。

このイベントの仕掛け人はこの方!
ライトアーティストで佐川町の地域おこし協力隊員としても活動をされている島田正道さん。

「地域の方や子ども達と力を合わせて準備をしてきて、いよいよ今日ライトアップされるのが楽しみです」と話す島田さん。
昨年佐川町に赴任してきたばかりだというが、この町のために何ができるだろう?と町内を歩き回っていたところ、少し寂れた感じのこの公園を発見。遊具もあって楽しさのたくさん詰まったこの五位山緑地公園をもっともっと楽しい場所にしたいという思いからこのイベントを企画したのだそうだ。

昨年のイベントでは、遊具などが色鮮やかなイルミネーションで幻想的に彩られていて、これまでこの公園にこんなにも人が押し寄せたことがあっただろうかというほど、たくさんの方が足を運んでくれたとのこと。

さらに、イベント終了後も地域の子ども達やその父兄から「このイベントのことが忘れられないくらい楽しかったからもう一度やって欲しい」という声をたくさん受け、今年も開催することにしたのだそうだ。

ひとまず、100mの長さがあるという滑り台に挑戦してみる古川アナ。
しかし、まぁ…。

ダンボールをお尻に敷く前から滑り出してしまったり、

ローラーに足を取られて尻もちをついたりと、踏んだり蹴ったり…。

「お尻痛かったでーす!」と笑顔でコメントしていたが、子どもならいざしらず大人にはこのローラーはしんどいはずだ。

すべり台をカラフルに彩るイルミネーションたち。

今年は滑り台のゴールに昨年にはなかったライトを設置したそう。

どんなものだったのかお伝えできないのが残念だが、昨年の映像でも十分に美しさが伝わってくる。

いつの間にかテレビ中継の噂を聞きつけた元気いっぱいの子どもたちが勢揃い!

この元気ありあまるテンションに、古川アナもタジタジ…。

そして、子どもたちと一緒になんとも可愛らしい顔はめを装着して再登場の島田さん。

この顔はめ作品は、斗賀野(とがの)小学校の生徒と五位山イルミネーションがコラボレーションして、顔はめ作家の方と小学生が一緒にワークショップで制作したという。
イベント当日はスタッフがみんな顔はめをしているそうだ。

地域の子どもたちはじめ、地元の方々の協力を得て実現した「五位山イルミネーション」。

2019年もこの時期に開催されることを期待したい。
みんな首を長くして待っているぞー!

 

イベント情報

五位山イルミネーション
会場:高知県高岡郡佐川町永野1353 五位山緑地公園内
開催日時:2018年11月9日(金)~11日(日) 17時30分~19時30分
※イベントは終了しています

※情報提供※ テレビ高知

文/大山祐司

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集