古城とデジタルアートが時代を超えてコラボ!「チームラボ 高知城 光の祭」開催中

日本三大夜城のひとつに数えられる高知城を、アート集団「チームラボ」が光のアートで彩る!インスタ映え必至のイベントをレポート。

明治維新から150年の今年、高知県内各地で展開されている観光博覧会「志国高知 幕末維新博」のフィナーレを飾るイベントの一つとして、2018年11月22日(木)から「チームラボ 高知城 光の祭」が始まった。

早速、高知家の○○取材班はイベントの全貌を探るべく、夜の高知城に行ってみた。

追手門をくぐり石段を登ると、いつもとは違った色に輝く幻想的な高知城が。

 

妖しい光を放つ巨大な卵たち

受付から石段を登り、三の丸に向かうと、一面にライトが内蔵された卵形の作品が並ぶ。数秒ごとに、赤、黄、緑、青…さまざまな色に変化する。その卵を手で押すと、色とりどりの光が周りの卵やライトアップされている木々へ伝播していく。まるで、不思議な力が備わったみたいだ。

 

石垣がスクリーンに

三の丸から二の丸へと上がる途中の石垣には、鮮やかな光の花びらでできた動物のデジタルアートが登場。

ゆっくりと動物が進んでいくと花びらが舞い、鳴き声も時折聞こえてくる。

さらに石段をのぼり、二の丸へ。そこには三の丸と同じ卵型の作品が登場。その卵は三の丸と違って大小あり、大きいものは2mぐらいだろうか。天守閣をバックに三の丸とはまた違った雰囲気を味わえる。

三の丸でも、不思議と伝播していく卵を押してみたくなる。

詰門をくぐり天守閣へと向かう渡り廊下の襖には、波を描いたインスタレーション作品が登場する。細かく表現された波しぶきは、ずっと見ていても飽きないほど波の変化が楽しい。

 

絶景を目指して天守閣へ

廊下を抜けて、いざ天守閣へ。

急な階段を上っててっぺんを目指す。

天守閣の一番上から見渡す夜景はまさに絶景!さきほど二の丸、三の丸で見た卵型のアートやライトアップされた木々と夜景のコラボレーションには癒やされる。この期間中しか味わえない光景は必見だ。

 

イラストのキャラクターが動き出す

夜景に癒されたあとは「お絵かき龍馬たち」というコーナーへ。用意されている坂本龍馬や板垣退助などのイラストに、ぬり絵のようにクレヨンを使って自由に色づけができる。

色づけしたイラストを専用の機械で読み込むと…

奥の壁に読み取ったイラストが写し出され、ほかのキャラクターたちと出会ったり、笑ったり、動き出すという仕組みだ。見るだけではなく、触ってみると不思議な現象が起きるが、それは行ってみてのお楽しみ!

ぜひこの機会に、見て、聴いて、体験して、普段とは違う高知城を味わってほしい。

 

 イベント情報

チームラボ 高知城 光の祭
期間:2018年11月22日(木)~2019年1月6日(日)
時間:17:30~21:30(最終入場21:00)
場所:高知城・高知公園(高知市丸ノ内1-2-1)
料金:大人 1,500円、中・高校生 900円、小学生 500円
URL:https://www.teamlab.art/jp/e/kochi-castle2018/

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集