穴場ランチ!丸の内ワーカーのオアシス 高知県庁西庁舎の「鶴亀食堂」

種類豊富なおかずメニューから自由に組み合わせ可能な、日替わりランチが人気の食堂に行ってみたぞ。

毎日のランチタイム。今日はどこへ行こうか…と頭を悩ませる方や、いつも行くお店に飽きてしまった…という方も少なくないのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、高知県庁西庁舎地下1階にある食堂「鶴亀食堂」だ。

県庁地下というと関係者しか入れないのでは…と思う人もいるかもしれないが、誰でも利用できるのでご心配なく。

高知県庁西庁舎の正面玄関から、階段を降りて地下1階へ向かう。

そこからまっすぐ進むと突き当りが食堂だ。

店内は4人がけのテーブルが並び、120人ほどがゆったりと座れる。

注文は食券を購入するシステムだ。同じ食券機が2台並んでいるが、左はお札専用なのでご注意を!

 

一番人気の日替わりランチ

今回は、一番人気という日替わりランチを購入。450円とワンコイン以下で食べられるのが嬉しい。

日替わりランチというと、その日の定食メニューが決まっている場合が多いと思う。しかし、こちらは自分で好きな主菜(メイン)1品、副菜4品を選ぶことができるのだ。自分の好きなものだけで構成された定食なんて、最高じゃないか。

この日の主菜は白身魚の南蛮、豚巻きチーズ、チキンハニーマスタードなど、魚、豚、鶏を使ったさまざまな料理が毎日6~8品ほど用意されていた。これだけ揃うと選ぶのが大変だ。

続いて、ショーケースにずらり並んだ副菜コーナー!和え物、煮物、お浸しなど毎日約20品は並ぶという。

大皿にドカッと盛られたおかずに思わず目移りしてしまう。

店員さんのおすすめを聞きつつ、何度も往復して厳選したメニューがこちら。

メインに豚巻きチーズ、副菜はブロッコリーのサラダ、大根のなます、いんげんのオイスター炒め、茄子の煮浸しとボリューム満点の5品。これにご飯と味噌汁がついて450円はお得!

その日の気分でヘルシーメニューにしたり、がっつりメニューにしたりと自由自在。

メインの豚巻きチーズは、たっぷりのチーズに豚肉と大葉との相性がばっちり。副菜もどれもおいしくあっという間に完食。

「通常180円のコーヒーが食後だと120円になるのでゆっくりできる方はぜひ!」と店員さんはおすすめしてくれた。

「毎日でも来ていただけるように手作りを基本とし、家庭の味を出せるよう心がけています」とのことで、思わず高知家の○○取材班の心の中に「お母さん、ありがとう…」という呟きが漏れてしまった。

 

その他のメニューはこちら

カツ丼(味噌汁付き) 500円
カレー 450円
カツカレー 480円
うどん 350円
ラーメン 420円
チャーシュー麺 480円
きつねうどん 380円
月見うどん 380円

日替わりランチだけでも毎日飽きないほどの品ぞろえがあるが、その他のメニューも捨てがたい。外食は出費がかさむイメージがあるが、どれもワンコイン以下で食べることができるリーズナブルさ!

店員さんによるとカツ丼やカツカレーもボリュームがあって人気のメニューだという。

鶴亀食堂は丸の内ワーカー専用の食堂にあらず。ボリューミー&リーズナブルで種類豊富な食堂ランチを楽しめるお店なのだ。

 

店舗情報

鶴亀食堂
住所:高知市丸ノ内1-7-52 高知県庁西庁舎地下1階
電話番号:088-821-4795
営業時間:午前11時30分~午後1時
定休日:土、日、祝祭日

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集