これが鰹の町のポテンシャル!オフシーズンでも鰹と地酒が楽しめる中土佐町の「數田」

お酒大好きな藤崎アナウンサーがただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。今回の中土佐町久礼にある「數田(かずた)」へ。

今回のさけさかなは、高知市を飛び出して中土佐町 久礼へ!

中土佐町といえば、鰹の町!どんな酒と肴に出会えるのか、るんるん気分でやってきた藤ちゃん。

本日は、地元の呑んべぇや家族連れが集まる「數田(かずた)」へ。

こちらはご主人の數田 浩二さん。テレビ取材には慣れていないのでちょっと緊張気味(笑)

ご主人と女将さんでやっているお店だが、女将さんは出演NGということで、残念ながら背中のみのご出演。

一杯目のビールは、高知市で飲んでも、中土佐町で飲んでも美味しい。

この時期、鰹はオフシーズン。諦めようとしたところ、なんと「ハガツオ」があるではありませんか!

店主のこの自信!藤ちゃんの質問に、被せ気味に答えちゃうくらい自信満々です!

こちらが出てきた「ハガツオのお刺身」。

きれいなピンク色で、口に入れるととろけるような柔らかさ。オフシーズンでもこのカツオが食べられるとは…

お次の料理は、こちらのお店で密かに人気のメニュー「干し柿の天ぷら」。

お塩につけて食べると、干し柿がお酒のつまみに大変身!

ここでご主人、緊張MAXでのどがカラカラになったのか、ビール飲んじゃってます!

藤ちゃんはビールを飲み終え、鰹一本から少量しか取れない希少部位「ハランボの塩焼き」を注文。藤ちゃんも驚きのこのサイズ!

これは大きい!

ご主人によると、8〜9kgほどの大きな鰹のハランボだとか。これには日本酒ということで、地元 西岡酒造の久礼も一緒に。

大きいからといって、大味ではない。感動の美味しさ!

身が柔らかく、塩加減もちょうど!日本酒が合わないわけがありません!

さらにもう一品、「マンボウ味噌煮」。

ご主人自慢のこちらの料理も日本酒に合う!

〆の料理を探していると、なんと「特製メンチカツサンド」を発見!なんだか場違い感のある料理だが気になって注文すると・・・

ん?中身がお肉じゃない?もしかして・・・

うほー!やっぱりきたー!

そうなんです!こちらのメンチカツ、なんとタネは鰹というこちらのお店ならではのメンチカツ。

このメニューは女将が考案したのだとか。後ろ姿からなんとも頼もしさが伝わってきますね。

オフシーズンにカツオの街でカツオ料理をたくさん堪能。

 

ということで、本日の酔いどれ川柳。

藤ちゃん、女将さんの顔を見に、またお店に行くのかな。

今回紹介したお店

數田(かずた)

住所/高知県高岡郡中土佐町久礼6636-6

電話番号/ 0889-52-3777

営業時間/午後5時~午後10時

定休日/日曜

※情報提供※  テレビ高知

文/ナカノマサミツ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集