牧野植物園に憩いの場がNEWオープン!リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~

高知の魅力のひとつである豊かな自然を最大限に生かした観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」が2019年2月1日ついにスタート!
スタートにあわせて新園地がオープンし、ラン展が開催されている高知県立牧野植物園からレポートだ。

2019年1月31日に閉幕した「志国高知 幕末維新博」に代わり、2月1日からは高知の魅力である自然を生かした体験型の観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」がスタート。

スタート当日はJR高知駅前のこうち旅広場で開幕セレモニーが盛大に開催され、タレントのユージさんとフリーアナウンサーの中井美穂さんがゲストとして出席。

中井さん:「高知は人が温かくて大好きです。自然豊かな土地がはぐくんだおいしい食べ物で元気になれます。多くの人に高知の魅力を知ってもらいたいです。」

ユージさん:「高知には頻繁に来ていて、よく行くのは田野町です。小さい町ですけど高知の魅力が詰まっています。高知は県全体が家族みたいで、県外の人間でも温かく迎えてくれます。」

高知愛に溢れたお二人には、尾﨑知事からお得に周遊できる「龍馬パスポート」が手渡された。

 

特設ウェブサイトのお披露目

高知の自然体験とはどういったものがあるのか、いつどこで行われているのか、どうやって予約をすればよいのか…

そんな悩みを全て解決してくれる特設ウェブサイトがキャンペーンスタートと同時に公開。

中井さんとユージさんは「体験プログラムってこんなに多いんですか。」「エリアやカテゴリに分かれていて検索が簡単!」「次、高知にくるときは絶対使います。」と大絶賛。

検索だけでなく、空き状況の確認や予約までできるという優れモノ。高知観光の新たなマストアイテムだ。

リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~ 特設サイト
https://kochi-experience.jp/

 

牧野植物園に「こんこん山広場」オープン

新観光キャンペーンのスタートにあわせて、高知市五台山にある高知県立牧野植物園には芝生広場を中心とした憩いの場「こんこん山広場」が新たにオープン。

尾﨑知事、水上園長、ユージさんによるオープニング式典が行われた。

続けて記念植樹では、「牧野富太郎お手植えのオオカンザクラ」が植えられた。

こちらは、樹齢100年のスモモの木。3月末頃から白い花を咲かせ、6~7月頃には紫赤色や黄色の果実をつけるという。

また、こんこん山広場のもっとも高い場所には360度見渡せる展望台が完成!

太平洋まで見渡せる展望デッキからは絶景を楽しむことができる。
暖かくなればお弁当を持って眺望を満喫しながらのピクニックにピッタリだ。

 

ラン展「百花繚蘭~美しきランの世界~」開催中

南園にある温室では2月2日から24日まで「第13回ラン展 百花繚蘭~美しきランの世界~」が開催されている。

中に入ると…

ランの香りに包まれると同時に、色鮮やかなグラデーションに目を奪われる。これはカメラのシャッターを押さずにはいられない。

温室内はランづくし!さまざまな大きさや色、形のランが勢揃いしている。ラン科の植物は南極大陸を除くすべての大陸に分布していて、なんと約25,000種もあるという。

展示には工夫が凝らされていて、見る人を飽きさせず撮影スポットとしても最適。

開催期間中は、美しいランを眺めながらティータイムを楽しめる「ランカフェ」や、土曜日限定で「よるまきの ラン展ナイト」が開催されるので、普段とは違った牧野植物園を楽しむことができる。

自然と遊ぶアウトドアからものづくりまで自然&体験プログラムが盛りだくさんの高知県!新たな観光キャンペーンで高知県の魅力を味わってほしい。

 

施設情報

高知県立牧野植物園
住所:高知市五台山4200-6
電話:088-882-2601
営業時間:午前9時~午後5時
http://www.makino.or.jp/
※こんこん山広場はフラワーショーの開催準備等のため閉鎖する期間があるためご注意を。

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集