さあ、春迎え酒。土佐の「おきゃく」で今年も乾杯!

高知は酒飲みパラダイス!街中のあちこちでお酒が飲める、土佐の「おきゃく」が今年も幕をあけるぞ。

高知の春の一大イベントとして定着してきた土佐の「おきゃく」は、今年で14回目の開催!今年も楽しくお酒を飲めるイベントが盛りだくさんだ。

 

おきゃくとは

そもそも、「おきゃく」とはどのようなイベントなのだろうか。

土佐弁で宴会のことを“お客”といいます。土佐の「おきゃく」は高知の街を会場にした、大きな宴会のようなイベントです。(中略)酒食を味わい酒文化に浸る、年に1度の大きなお祭りです。(出典:土佐の「おきゃく」2019 HP)

つまり、「心ゆくまでお酒を飲む」ということに主眼をおいたエクストリームなイベントだ。

「おきゃく」開催期間中は、高知の街全体が宴会場。商店街で、電車の中で、公園で、あらゆる場所で「かんぱ〜い」と盃を交わす風景が見られる。

 

今年もイベント盛りだくさん

開催期間は3月2日(土)〜10日(日)の9日間。その間、高知市を中心に約40ものイベントが予定されている。

飲食系のイベントだけかと思いきや、ライブあり、よさこいあり。そして、特設アスレチックコース(小学生以下)ありと、老若男女、大人から子どもまで楽しめるイベントが用意されている。

出店や飲食店でのイベントをはしごするもよし。ライブ演奏を聴きながらゆっくりと飲むもよし。お酒を片手に楽しめるコンテンツがたくさんだ。

 

開催期間中は中央公園に「ベロベロの神様」が鎮座し、みんなが楽しく飲めるように、またお酒で失敗しないように見守ってくれている。神様のご加護を受けたい方は、参拝もお忘れなく。

春がきた!ということで、今年も「おきゃく」で乾杯だ。

 

イベント情報

土佐の「おきゃく」2019
開催期間:2019年3月2日(土)〜10日(日)

開催場所:高知県高知市中心街ほか

文/長野春子

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集