ここはまさに土佐の桃源郷!今しか逢えない美しき花桃の名所おススメ4選

春は桜だけじゃないぞ!高知県内には紅白ピンクに咲き誇る花桃の名所がいっぱい。その光景はまさに桃源郷…。

3月に入り暖かい日が続くと桜の開花がいつ頃なのかソワソワしてくる時期だが、この季節もうひとつおススメしたい春の花が「花桃(ハナモモ)」だ。
花桃は花を観賞するために改良された桃の一種で、赤、白、ピンクの艶やかな花が桜が咲く頃に前後して満開の時期を迎える。

高知県内にはまさに「桃源郷」と呼ぶにふさわしいおススメの花桃の名所がいくつもあるので紹介しよう。

 

①西川花公園(香南市)

2018年3月23日撮影

高知東部自動車道香我美(かがみ)インターチェンジから車で15分ほど。「西川(にしがわ)花公園」には地元西川地区の皆さんが1年を通して大切に手入れをしている花桃や桜、菜の花が美しく咲き誇る。

2018年3月23日撮影

昨年(2018年)は花桃と桜、菜の花が同時期に見ごろを迎え、紅白、ピンク、黄色のコントラストで辺りを染め上げた。

開花時期に開催される「西川花祭り」は今年(2019年)は3月17日(日)から31日(日)まで。午前10時から午後4時までは、うどんやおでんなどを販売する売店が営業する。

花桃だけでなくいろんな春の花が楽しめる「桃源郷」。地元のあたたかいおもてなしの心に触れながら気軽にお花見を楽しんでみては?

 

②引地橋の花桃(仁淀川町)

高知と松山を結ぶ国道33号線。高知方面から走って行くとドライブイン引地橋を過ぎてすぐ左手、仁淀川を見下ろす斜面に見えるのが「引地橋の花桃」だ。

10年ほど前から植えられた花桃がここ数年見ごろを迎え、人々の目を楽しませている。

国道沿いということもありアクセス良好。仁淀川をバックに咲き誇る花桃が美しい。

 

③上久喜の花桃(仁淀川町)

地区の新名所にと地元の人たちが15年かけて植えてきたという「上久喜(かみくき)の花桃」。

赤・白・ピンクの花々が集落の山の斜面を埋め尽くすさまはまさに「桃源郷」という言葉がピッタリ。その美しさに思わず圧倒される。

その年の気候によって前後するが、例年の見頃は同じ町内に咲く「ひょうたん桜」が終わった4月上旬~中旬ごろ。
この絶景にたどり着くまでの道中は、道幅が狭いところがあるので運転にはくれぐれも気をつけて!

 

④花の里公園(仁淀川町)

2018年4月1日撮影

越知町との境目に位置し、山の急斜面に張り付くように家々が並ぶ仁淀川町寺村地区。

仁淀川を眼下に望む高台にある「花の里公園」は、公園といっても自治体が整備したものではなく、地元の人々が手づくりで作り上げたもの。

2018年4月1日撮影

大きく蛇行する仁淀川を背景に赤やピンクの花桃が一面に咲き誇る様子は「絶景」の一言!
何時間でも目の前を景色を眺めていたくなるような眺望絶佳な桃源郷だ。

 

それぞれに違った雰囲気を楽しんで

桜とは違った趣きがある花桃。
また、紹介した4つのスポットはそれぞれに違った雰囲気が楽しめる。

今年は比較的暖冬傾向だったので開花が早まる可能性もあるが、地元の観光協会などの情報をしっかりチェックしてベストタイミングで花見に出かけたいところ。

桜もいいけど、この春は「土佐の桃源郷めぐり」を楽しんでみてはいかが?

■香南市観光協会
http://www.kounan-navi.com/

■仁淀ブルー観光協議会
https://niyodoblue.jp/

 

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集