大阪で皿鉢料理が食べられるお店「土佐料理 みなみ」高知魂を受け継ぐ

大阪・深江橋にある「土佐料理 みなみ」。県外では珍しく、高知県のハレの日の大皿料理「皿鉢(さわち)料理」を食べられるお店だ。

大阪・千日前線新深江駅にある「土佐料理 みなみ」。店内には「現地直送 本場のかつをたたき」という看板がど〜んと飾られているだけあって、高知の食材にこだわった土佐料理のお店だ。

高知県出身のご夫婦で営んでいたが、昨年オーナー兼料理人として働いていたご主人が逝去。その後は奥様と息子さん、娘さんでお店を切り盛りしている。

お店の中に入ってみると、高知県関係のパンフレットがずらり。


(写真提供:土佐料理 みなみ)

広い座敷があり、大阪でも数少ない皿鉢料理を提供するお店ということで、高知県出身者が宴会で使うことも多いという。

 

大阪で高知料理のお店を開いたのは20年前

きっかけは、ご主人が友人から高知料理の店を大阪で一緒にやらないかと誘われたことだ。

その後、数年で独立し自分の店を開店、移転などを経て現在のお店「土佐料理 みなみ」を開いた。

元々ご主人、奥様ともに高知出身。高知で下積み時代を過ごしていたこともあって、味付けは高知の味そのもの。食材にもこだわり、土日になると、食材を調達するために車で高知まで行っていたという。

 

今は予約限定のお店

現在は、完全予約制で営業している「土佐料理 みなみ」。豪快に盛り付けられた皿鉢料理は、ご主人の逝去後も変わらない名物だ。高知から仕入れたかまぼこやようかん、果物、店頭で藁焼きしたカツオを盛りつけた皿鉢料理を目当てに訪れるお客さんも多いという。

写真のとおり、ご主人の跡を継いだ息子さんの作った皿鉢も立派な高知流だ。

 

アンテナショップの役割も果たす

大阪で高知の情報を発信していきたいと語る、娘さんとお母さん。

不定期ではあるが、高知県の市町村が店前で特産品を売ることもあるという。長年やっているので定着しており、2月~4月は文旦を求めて買いにくる人がいたりと、高知の旬の食材を楽しみに待ってくれているお客さんがいることも楽しみの一つだ。

店の前での販売風景は、まるで日曜市のよう。

高知県外で高知料理は楽しめても、皿鉢スタイルで料理を楽しめる店はそれほど多くない。
大阪で高知流の楽しみ方ができる「みなみ」は予約してでも行きたい、高知を感じられるお店だ。女将さんをはじめ、家族全員で高知のように温かく迎えてくれるはずだ。

 

今回紹介した店舗

土佐料理 みなみ

住所:大阪府大阪市東成区神路4-11-19

電話番号: 06-6972-0373

 

※掲載情報は公開日時点のものです。

 

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集