カツオにウツボ、鯨に清水サバ!「たたき亭」で高知のお魚オンパレード

お酒大好きな藤崎アナウンサーが、ただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。今回のお店は、高知市はりまや町にある「たたき亭」。

今宵へべれけの舞台は高知市はりまや町にある「たたき亭」。

地元の人から観光客にまで愛されているお店が、満を持して登場!

こちらは料理長の大西康夫さん。

さて、早速一杯目のビールを飲みながらいただくお通しは、

「カツオのユッケ風」。

身がとろけるような柔らかいカツオ。お通しなのにおかわりされる方もいらっしゃるほど、人気の一品なんだとか。

さて、美味しいお通しでスイッチが入った藤ちゃん。「たたき亭」さんとあって、メニューを見ることなく「カツオのたたき」を注文。

黒潮町産天然塩をふったカツオを、藁で豪快に焼いていく。藁は契約農家さんから仕入れた無農薬のものを使用しているんだとか。

出来上がったのが、分厚く切られた「塩タタキ」。

脂ののった土佐沖、朝獲れの初鰹。塩にも藁にもこだわった、高知ならではの逸品です。

お次は「うつぼのさしみ」。うつぼもなかなか高知以外ではお目にかかれない食材。それがさしみとなると、より希少!

こちらは、うつぼの様々な部位が楽しめる。

ウツボの皮、

えんがわ、

胃袋に、

卵など、珍しい部位のオンパレード!ウツボ通の人でも、ここまでいろいろな部位を味わったことがある人はいないのではないだろうか。

これに合わせるのは、「ウツボ ひれ酒」。酒もさかなもウツボ尽くしだ。

そしてお次の料理は「鯨さえずり&酢味噌」。

鯨の舌の部分である「さえずり」はポン酢で、

皮は酢味噌がかかっていて、2種類の味をセットで楽しめる一皿だ。

さて、ここまで高知のお魚づくしでオーダーしてきたので、最後も高知の魚で〆たいところ!というわけで清水サバの「焼きすし」を選択。

フライパンでしっかりと焼き色をつけ、さらにオーブンでも火を入れるこだわりの詰まった焼きすし。サバの身はふんわり柔らかく、酢飯の部分はおこげが香ばしく仕上がった、満足の〆料理でした。というわけで本日の酔いどれ川柳。

むしろ休日は肝臓フル稼働だったのでは?

今回紹介したお店

たたき亭

住所:高知市はりまや町3丁目1-12
電話番号: 088-824-0018
営業時間:午後5時~11時(日曜のみ午前11時~午後2時、午後5時~9時半)
定休日:月曜
※情報提供※  テレビ高知
文/ナカノマサミツ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集