旅館のような空間でゆったり食事!新橋の人気土佐料理店「浪漫亭」オススメ3品

高知出身の記者が行く、関東で高知の食材を楽しむシリーズ。第14弾はサラリーマンの聖地、新橋にある割烹風居酒屋。

JR新橋駅の烏森口から徒歩3分ほどのところにある「酒菜 浪漫亭」。
高知市にある本店の2号店として、1997年にオープンしたお店だ。

高知出身の調理スタッフが作る料理が食べられるとのことなので、◯◯取材班がこれぞ高知の味!と感じたおすすめの料理3品を紹介しよう。

 

①いたどり

今の時期食べてほしい! 『いたどり』(600円/税込)は4〜5月に採れる、高知では馴染み深い山菜だ。地元では、豚肉と一緒に炒めたり、天ぷらにしたりして食べるのが一般的。お店では、煮物で提供されていた。

「いたどり」はそのままでは酸味が強いため、ちゃんと下処理しないと酸っぱくてとても食べられない。こちらの煮物はしっかりと下処理されているので、まったく酸味を感ず、シャキシャキとしたイタドリの食感が楽しめる。

 

②鯨はりはり煮

『鯨はりはり煮』(780円/税込)は、今まで取材してきたお店のメニューにはなかった珍しいメニュー。「はりはり鍋」とは、鯨と水菜を入れた鍋のこと。

鯨の周りは片栗粉でコーティングされていて、トゥルンッとした舌触り。身はとっても柔らかい。

 

③土佐巻

お店によって味が違う『土佐巻』(980円/税込)。浪漫亭の土佐巻は、どんな味がするのだろうか?

酢飯は酢がほんのり香る程度で食べやすく、薬味、鰹、のりの香りが口全体に広がる。大葉とにんにくがいいアクセントになっている。
醤油をつけずにいただくと、具材の良さをダイレクトに感じられる。醤油をつける時には、ほんの少量がおすすめだ。

ふんわりと空気が入った土佐巻は、料理人の腕の良さも感じられる。

 

■日本酒の日を再度…

高知出身者も大満足な料理が味わえる浪漫亭。店長の山崎さんに話を聞いてみたぞ。

-お店は何年目ですか?
山崎さん:23年目です。高知にある本店は26年目になります。

-お店のこだわりポイントは?
山崎さん:東京のお店って、結構狭いところが多いじゃないですか。なので、旅館のようなゆったりとした空間をつくり、お客様にくつろいで料理を堪能してもらえるようにしています。
あとは、できるだけ高知の食材を使うようにしていますね。

-高知出身のお客さんもいますか?
山崎さん:半数くらいのお客様が高知出身の方です。あとは、親が高知出身なの!ってお客さんも来てくれますよ。

-今後お店でやりたいことは?
山崎さん:前は結構大勢で飲むこともあったけど、最近は減っちゃってね…。大人数での飲み会が多かった頃は、高知の全蔵元揃えて「日本酒の日」などイベントをやっていました。またそんなイベントもできたら嬉しいです。
今後もサービスの質を落とさず、高知の新しい食材も積極的に取り入れてお客さんに楽しんでもらいたいですね。

新年度を迎えて1ヶ月を過ぎ、新たな環境に少し慣れてきた頃ではないだろうか。さらに先輩や後輩との絆を深めるためにも、高知の美味しい食材とお酒で大宴会を開催してみてはいかが?

 

■店舗情報

酒菜 浪漫亭 東京新橋店

住所:東京都港区新橋4-14-7

電話:03-3432-5666

営業時間:(平日)午後3時00分〜午後10時30分

(土曜)午後5時00分〜10時00分

定休日:日曜、祝日

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集