渡り蟹から伊勢海老まで贅沢ゲット!中土佐町上ノ加江漁港で人気のリアル漁師体験

自然豊かな高知県では、観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」を開催中!
中土佐町上ノ加江漁港「わかしや」で気軽に体験できる漁師体験をご紹介。

中土佐町の漁師町・上ノ加江。

ここ上ノ加江漁港では、現役の漁師さんや漁協スタッフさんと一緒に1日漁師体験ができるプログラムが人気です。

今回案内してくれたのは、松丸さん!

松丸さんは、体験プログラムスタート時からスタッフとして参加していて、これまでに何百人という人の漁師体験をサポートしてきました。

「家族連れや小・中・高校生の行事などいろんな年代の方が参加してくれるので、春から秋にかけてとても賑わいますよ~。」

まずは、漁師さんからロープワークを教えてもらいます。

船を港につける時などに使う結び方などを教えてもらうのですが、これがなかなか難しい!

さらに、教えてもらったことを応用して、漁の際に使う漁具作りにもチャレンジ!

ロープワークの次はお待ちかねの漁体験。

釣り船に乗って、いざ太平洋へ!

仕掛けはすでに漁師さんたちがしてくれているので、ここでは引き上げの体験が中心です。

腰にグッと力を入れてゆっくり仕掛けを引き上げてみると…

カゴの中にはカニがいっぱい!

毎回こんな感じなんですか?

「カニは通年獲れるかな~? 伊勢海老の獲れる時期とかイカとかね、獲れる量もその日によって全然違うき、何が獲れるかはお楽しみながよ!」

ちなみに、伊勢海老は9月~4月が漁期。

運良く網にかかるとこんなに大きいものが獲れるそう。

「結構大人が夢中になれるき、家族で来てもらったら楽しいと思うよ」

漁体験が終わると、獲れたばかりのカニを調理!

早く食べたいよ~と思いながら、せっせと汚れを落とします。

料理の間は、陸から釣りも楽しめます!

ここでも、運が良ければアジなどが釣れることも。

あっという間に食事の時間になり、先ほどキレイに汚れを落としたカニたちが、 どーん!と食卓に鎮座しています。

釣れた魚はお味噌汁に変身!

「使う魚はその日によって変わるけど、地元の魚の炊き込み御飯、煮付け、刺身、お汁が基本で、そこへその日に獲れたものが加わるき、本当に運次第ながよ~。大漁の日もあれば、ちょっとしか獲れんかったり、そんな日もあるきね~。伊勢海老が獲れた時は、メッチャ豪華なテーブルになるで!」

自分たちで釣り上げた魚を食べながら、漁師さんのお話を聞いたり、カニの上手な食べ方を教わったりして、楽しい時間はあっという間。

「季節によって獲れるものが全然違うき、何回でも来てよ~!」

地元漁師さんたちと一緒に漁業、普段滅多にできないこの経験、訪れる価値大有りです!

 

問い合わせ

上ノ加江漁業体験施設 わかしや(高知県漁協上ノ加江支所) 

住所/高知県高岡郡中土佐町上ノ加江2574
電話番号/0889-54-0111
実施期間/随時
受付/体験実施の5日前までに電話にて申込
参加費/大人7000円、小学生5500円、小学生未満500円
所要時間/約4時間 ※1泊2食付の民泊及び漁業体験コースもあり

※掲載されている情報は2019年1月現在のものです。


情報提供:高知県自然・体験型観光キャンペーン実行委員会

「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」特設サイト
https://kochi-experience.jp/

特設サイトには高知の大自然を満喫できるいろんな情報が満載!
心からリフレッシュして、明日へのパワーをチャージする旅をお楽しみください!

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集