削りたての宗田節はやっぱり旨かった!土佐清水市「たけまさ商店」で伝統の宗田節納屋体験

自然豊かな高知県では、観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」を開催中!
宗田節の生産量全国ナンバーワンの土佐清水市にある「たけまさ商店」の宗田節納屋体験をご紹介。

日本の食文化に欠かすことのできない「かつお節」。

なかでも、旨味の強い出汁が取れる宗田節(そうだぶし)について知りたい!と、土佐清水市の「たけまさ商店」を訪ねました。

ここでは、珍しい宗田節納屋体験が人気を博しているそう。

大正元年創業。現在まで伝統の製法を守り続け、最高級の宗田節を作っています。

お日様のような黄色い外観が青空に映える節納屋(ふしなや)は、近くまで来るとお節のいい香りが♪

入り口で「よう来たねえ」と、武政恵美さんが迎えてくれました。

まずは、映像で宗田節づくりの流れをお勉強。

普段は見ることのできない作業の様子に興味津々です。

材料の宗田鰹は地元では「めじか」と呼ばれ、伝統の引き網漁で一本一本釣り上げられています。

水揚げされためじかは、煮籠に並べられ、熱湯で約1時間煮ます。

その後、頭と内臓、中骨を落としてセイロに並べます

多い時には1日5〜6トンものめじかを使うというから驚き!

もちろん、全て手作業です。

焙乾で水分を減らし、煙の香り付けをします。

薪をくべながら、少しずつ上へ上へと段を変える、この作業だけで1週間。

さらに水分を蒸発させて旨味を増すために、天日干しをします。

こうして手間暇をかけて、やっと美味しい宗田節ができるのです。

ここまでで「荒節」(あらぶし)の完成。魚の旨味が強く、関西で人気なんだとか。

この荒節にカビ付けして熟成させると「枯れ節」(かれぶし)となります。

自然な製法で作るため、かかる時間は、なんと半年!

枯れ節は、まろやかで深い旨味が関東で人気だそう。

目の前に広げられた宗田節は宝物の山です。

恵美さんが節と節を打つと、コンコンと堅木のようないい音がしました。

脂が少なく、身のしまった節が美味しいそう。

「人間と一緒よねえ」と笑う恵美さん。

ここからは、宗田節のうま味を生かした出汁醤油づくり!

アドバイスを受けながら選んだ宗田節を、ナイフで背と腹で2つに分け、骨を削っていきます。

削りすぎたお節は、もったいないからつまみ食い♪

…のつもりが、美味しすぎてついつい削りすぎたりして…

綺麗になった節をビンに入れて、絵を描いたら完成!

家に帰って醤油を入れたら、美味しい出汁醤油を楽しめます♪

継ぎ足しながら1年間はしっかりと出汁が出るそうです。

続いては、宗田節けずり体験。

削りたてのお節は、しっとり食感で、香りも旨味も別格!

そうめんの上にたっぷりのせて、宗田節の出汁が効いためんつゆと一緒に頂きます。

シンプルだけど贅沢な美味しさ!幸せ〜♪

学んで作って食べて、美味しい宗田節納屋体験!オススメです☆

 

問い合わせ

一般社団法人 土佐清水市観光協会
住所/土佐清水市養老303
電話番号/0880-82-3155
○伝統の宗田節納屋体験
集合場所/たけまさ商店(土佐清水市中浜236)
実施時間/9:00~12:00、13:00~15:00(開始時間の10分前までに集合)
所用時間/約60分
料金/中学生以上2,000円、小学生以下1,500円
最少催行人数/大人2名〜
予約/3日前の17時まで

※掲載されている情報は2019年4月現在のものです。


情報提供:高知県自然・体験型観光キャンペーン実行委員会

「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」特設サイト
https://kochi-experience.jp/

特設サイトには高知の大自然を満喫できるいろんな情報が満載!
心からリフレッシュして、明日へのパワーをチャージする旅をお楽しみください!

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集