気ままな大将がつくる絶品の魚料理が自慢 ファミリー割烹「河庄」

お酒大好きな藤崎アナウンサーが、ただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。今回のお店は、高知市介良にある「河庄」。

今宵のへべれけの舞台は、高知市介良にあるファミリー割烹「河庄」。

お魚が美味しいと評判のお店。店内は、早い時間から常連さんでにぎわっている。

藤ちゃんは半年前に来たそうだが、残念ながら大将は覚えていないそうだ。

そんながっかり気分もビールで流し込もう!ということで、一杯目のビールを注文。もはや恒例となった常連さんとの乾杯!

ビールも美味しくいただき、すっかり上機嫌。

お通しはなんと「あん肝」。なんとも贅沢なお通し。

ほんのりとした苦みがアクセントになり、舌に沈むような濃厚な食感を楽しめる。

さて、お魚が有名なこちらの店。「僕はイラレ(せっかち)やきね」と、気ままな大将がお通しと共に持ってきてくれたお刺身の盛り合わせ。

実はまだお料理は注文していないのだが、いただきます。トロに近い赤身のお刺身。大将の鋭い目利きで仕入れるお魚を目当てに訪れるお客さんも多いのだとか。

そして気ままな大将が、次におすすめしてくれたのが特大の岩ガキ。

しかし、目の前のニシ貝に心奪われていた藤ちゃんは「ニシ貝つぼ焼」を注文。

須崎市産のこれまた特大のニシ貝は食べ応え十分!肝の苦味と、コリコリの食感がこれまた最高。

そろそろお酒の時間だぞということで、本日は新潟県のお酒「池田屋」をいただく。

お次の料理を頼もうとメニューを見るが・・・なかなか難解。

こうなったらこれまで通り、大将のおススメをいただこうと決めたところで目に飛び込んできたのが大きな水ダコ!

「刺身とうま煮ができるけど~?」と言われ選んだのが「タコのうま煮」。

がしかし、うま煮といいつつも実際は煮込んでいるわけではなく炒め料理。なぜうま煮と呼ぶのかは大将のみぞ知る。

さて、そろそろ〆の料理をいただきたいと考えていると、大将が先ほどの特大岩ガキで何か作ってくれるそう。〆はいつものように炭水化物でいきたかった藤ちゃんだが、やはりこの気ままな大将にはかなわない。

出てきたのはメニューには無い「カキの磯巻き」。

いつもの炭水化物では無いが、カキを玉子と海苔で巻く斬新なお料理に大満足。というわけで本日の酔いどれ川柳。

大将のペースにすっかりはまってしまった藤ちゃん。今度は覚えてくれたかな?

 

今回紹介したお店

河庄

住所:高知市介良乙3140-19
電話番号: 088-860-6955
営業時間:午後6時~11時
定休日:日曜

※情報提供※  テレビ高知

文/ナカノマサミツ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集