釣りバカ浜ちゃんの高知釣りパラ通信 第1回 「マダイからオオモンハタまで、新しい釣りスタイル『タイラバ』の楽しみ方」

高知県は釣り好きにはまるで「ここは天国じゃないか」と思えるほど魅力的な釣りの対象魚とそれに合わせた釣りのスタイルがあります。釣りのパラダイスだから釣りパラというわけで、「高知釣りパラ通信」では、高知の海・川・湖・水たまり(笑い)に生息するさまざまな魚たちと遊ぶ釣りの楽しさを紹介していきます。案内役は漫画「釣りバカ日誌」の初代編集者で主人公の浜崎伝助(通称浜ちゃん)のモデルという噂がある南国生活技術研究所代表の黒笹慈幾(釣りバカ黒ちゃん)がつとめます。

釣りバカ黒ちゃん。魚は高知の江戸前、浦戸湾を代表する魚、キビレチヌ。クロダイの南方系の親戚みたいな魚で引きが強く、美味なので釣りファンに人気があります。

女性や子どもも楽しめる新しい釣りスタイル「タイラバ」

今回は女性や子供にも楽しめるまったく新しい釣りのスタイル「タイラバ」とその遊び相手の魚たちのプロフィールを紹介します。

タイラバは簡単に言うとタイの疑似餌(ぎじえ)、ルアー釣りです。

エサを使わないのでクネクネぬるぬるの気持ち悪いゴカイ系の虫エサ(これが大好きという釣り人もいますが)や、臭いのきついオキアミ系のエサなどを触らずに、釣りだけを楽しめることから急速にファンが増えています。

また、ヘッドと呼ぶタイラバのオモリとネクタイと呼ぶカラフルな仕掛けが美しくてカワイイので、釣りをする前からなんとなくうきうきした気分になるのも、この釣りのいいところです。

では、なぜ本物でもない偽物に魚たちが騙されるのか。

それは…、魚に聞いてみないとわかりません(笑)。

タイラバの仕掛の全貌

ヘッドにネクタイをセットしてその後ろ側にハリを潜ませてある。これを海中に落とし底に着いたらゆっくり巻き、また落とすという動作を繰り返すとなぜか魚たちがアタックしてきてハリにかかる。

タイラバのヘッド。さまざまな形のものが売られているが、これはアンモナイトというSFC社の製品。

これがネクタイ。いろいろなカラーとカタチがある。このネクタイに隠れて釣り針が仕込んである。

さて、肝心のタイラバで釣れる魚はどんなものなのか。

これからはその顔ぶれを紹介していきましょう。

驚くほど多彩な魚たちが遊んでくれるのもタイラバの魅力のひとつなんです。

「タイラバ、魚を選ばず」というと語弊がありますが、釣りをしたいのだが、どんな魚を釣りたいかはまだ決まっていない釣りバカ予備軍(失礼)の人たちにぴったりの釣りスタイルです。

楽しそうに見える釣りの世界を覗きたかったら、「まずはタイラバから入ってみるべし」が釣りバカ黒ちゃんの主張です。

アマダイ。食通の間で味の評価がメチャ高い高級魚。京料理の本場ではグジと呼びます。須崎沖水深105m。

タイラバ釣りの大本命マダイ。魚の王様と言われ姿・味・ファイトとも王者の風格あり。須崎沖水深60m。

オオモンハタ。1年中釣れるが、初夏になると外海から沿岸に産卵のために移動してくるのでタイラバに盛んにアタックしてくる。

アタリが激しく、ハリ掛した直後の引きがすさまじいので人気がある。味もグッド。

高知の地方名はイギス、宝石ハタというロマンチックな名前を付けているレストランが宿毛にある。宿毛沖水深35m。

イトヨリ。美しい曲線の背びれから尾びれにかけて鮮やかな黄色の縁取り。

見た目はおとなしそうだが、引きはマダイに似て結構激しい。須崎沖水深60m。

異様に大きい胸びれのコバルトブルーが鮮やかなホウボウ。

釣り上げると「グウグウ」と不思議な音を出す。

味は上品、刺身の薄造り、煮魚にしても美味。宿毛沖水深45m。

女性にも大物が釣れるところがタイラバの魅力。

マダイはフェミニストらしいから、カップルで乗船すると彼女の気持ちが動くかも。

須崎沖水深80m。

高級魚のカンパチ(高知ではネイリ)もビッグファイトを見せてくれるので人気がある。宿毛沖水深45m。

シイラ。リールを巻いて仕掛けを回収しようとしたときに水面直下でタイラバにアタックしてくることが多い。

モーレツな引きで船の周りをぐるぐる回りなかなか上がらないので船上は大盛り上がり。須崎沖。

大きいものは1m級もいる大ニベ。掛かるとなかなか上がらないのでどんな大物かとこれまた船中が大騒ぎになる。須崎沖水深80m。

最後に紹介するのはオジサンという名の愉快な魚。

あごの下に長い二本のひげを持つところからこの名がついたのだと思うが、このヒメジ科の魚の仲間は見栄えと違い意外においしいので、名前に騙されないように(笑)。

 

どうですか?ちょっっぴりタイラバとやらを始めてみたくなりましたか?

タイラバは遊漁船で沖合に出る釣りなので、タイラバをやらせてくれる釣り船を探して出港する必要があります。

また、最初はレンタル釣り具を用意している遊漁船を選ばねばなりません。

私が須崎で使っている船宿と遊漁船は以下の通りです。

ともにレンタル釣り具の用意がありますが、問い合わせを入れてからお出かけください。

 

須崎市観光漁業センター

住所:高知県須崎市浜町1-5-8

電話:0889-42-1478

営業時間:夏場5時~/冬場6時~ 木曜定休日

※5日以上前に要予約

https://susaki.fishing/

ヨシノマリーナ

住所:高知県須崎市多ノ郷乙108

電話:0889-43-2828

営業時間:営業時間8時~17時 月曜定休

https://yoshinomarina.kochi.jp/

 

文/南国生活技術研究所代表 黒笹慈幾

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集