まぐろ料理と癒しのお風呂!奈半利町のプチリゾート「ホテルなはり」

学校法人龍馬学園の泉田(いずみた)が高知の魅力的な情報をお届け。今回は、奈半利町にあるまぐろが名物の「ホテルなはり」の魅力を紹介します。


高知市から車で東へ1時間半、遠洋漁業の基地がある奈半利港。その側にある「ホテルなはり」は、マグロ船に携わる人たちの宿舎として1980年に開業された。まぐろを知り尽くしたプロたちが、妥協のない味を追い求め続けた結果、いつしかまぐろ料理が名物のホテルとなった。

 

大好評のレストラン

1階のエントランスに続くレストラン。宿泊客だけでなく、一般客も自由に利用することができる。まぐろ料理の他にも、洋食やツナネーズ丼などが大評判で、特に夜はファミリー客の利用が多い。

リーズナブルに美味しいまぐろを食べたいという方にオススメなのは、「奈半利まぐろ定食」(税込1,980円)。中トロも入ったまぐろ刺身、皮酢、わた天、炊き合わせ、ご飯、味噌汁、漬物、デザートと盛りだくさんな内容。

脂ののったまぐろは、口の中でとろける食感で絶品。

わた天は、まぐろの胃袋を高知名物の芋天のような、やや甘い衣でサクッと揚げている。

皮酢はお酒がすすむ逸品だ。

もう少し贅沢にまぐろを、という方には、「土佐まぐろ御膳」(税込3,600円)。

こちらは、まぐろカマと野菜の陶板蒸し、中トロ入りまぐろ刺身、カマトロスモーク、天ぷら、皮酢、炊き合わせ、小鉢、ご飯、澄し汁、漬物、フルーツと豪勢なセット。一段上のまぐろのフルコースとなっており、大満足間違いない!

 

体を癒してくれるお風呂

実はこのホテル、料理の他に人気なのがお風呂。


別棟の大浴場もなかなかの評判だ。旅の楽しみといえば、やはりお風呂。ヒノキの香り漂う大浴場で、チェックイン後の夕方や夜だけでなく、翌朝目覚めてからの朝風呂も可能だ。

日本庭園に囲まれたジャグジー露天風呂も、疲れた体を元気にする。

(世界最大のマグロを模した304cmのマグロのオブジェ)

名物のまぐろ料理に舌鼓を打ち、大浴場で癒される。これはもう、高知市から1時間余りのプチリゾート!これで宿泊料金は、ビジネスホテル並みというから驚き。

まぐろ料理と癒しのお風呂を兼ね備えた「ホテルなはり」で、あなたも癒されてみてはいかがだろうか。

 

施設情報

ホテルなはり

住所:高知県安芸郡奈半利町乙593-1
電話:0887-38-5111
https://www.hotel-nahari.com/

文/学校法人龍馬学園 常務理事 泉田 優

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集