高知家の家族に聞きに行く「高知とわたしと高知家と」第4回 堀照政さん

高知県のいろいろなところを取材しては、高知家の魅力をお伝えしてきた高知家の○○取材班。今回はその取材の中で出会った素敵な方々のところに押しかけ、高知の魅力、高知の食材や素敵なお店、高知への思いなどを語っていただきます。

高知家の家族へのインタビュー企画「高知とわたしと高知家と」。第4回は、帯屋町ひろめ市場の隣にある八百屋「八百正(やおまさ)」の二代目、堀照政さんです。日本屈指の野菜王国・高知。その高知で今おすすめの野菜について教えていただきました。

 

高知のナスは全国一

―今おすすめの野菜を教えてください。
堀さん:今の時期は高知の野菜・果物が目白押しやね。なかでも僕の大好物のナスはおすすめ。高知県はナスの生産量全国一位。みんなでどんどん食べてほしい。
炒めてもえいし、煮てもえい。濃い目の味付けにしても、しっかり味が染み込んで美味しいし、あっさりと調理しても美味しい最高の野菜やね。

 

秋が来たら文旦

―果物はいかがですか?
堀さん:文旦が並びだすと、秋がきたと感じる人も多いがやないろうか。今の時期はハウス栽培のもので、1月ごろからが露地栽培のものが出始める。
文旦はまず香りがたまらん。食感も心地えいし、食べると口いっぱいにさわやかな味が広がっていく。結局、むいては食べて、むいては食べてになってしまうね。

 

少しの時期しか出会えない、四方竹(しほうちく)

―今のわずかな時期だけのものというと?
堀さん:高知の秋の味覚、四方竹(しほうちく)は外すことができんろうね。
南国市の白木谷とかで10月から11月上旬のごく短い時期にとれる珍しいタケノコで、シンプルな煮物や炊き込みごはん、てんぷらにするとすごく美味しい。
四方竹は傷みやすくて、すぐ変色する。だから遠方の人は食べることができんかったけど、生産者の方の努力で、今は全国に発送されるようになったがよ。全国の方に食べていただきたい味やね。

 

チャーテって知ってますか?

―他におすすめの野菜はありますか?
堀さん:チャーテも秋の楽しみのひとつ。「ハヤトウリ」「インドウリ」とも言うがやけど、原産は熱帯アメリカでクセのない食感の楽しい野菜やね。
漬物や酢の物にして、あっさりした淡白な味とシャキシャキの歯ざわりを楽しむのもえいけど、油との相性がすごくえいき、お肉と炒め物にして食べるのもおすすめ。炒め物にする時は、少し濃い目の味付けがえいかもね。

―最後に高知家の皆さんに一言お願い致します。
堀さん:高知県の野菜・果物の美味しさは、本当にすごい。農家の方、生産者の方にはいつも感謝しています。そして市場の方、流通にかかわる多くの方々にもすごく感謝しています。
僕にできることは、いい野菜を仕入れ、みなさんの元へ届けること。これからも頑張っていきますので、良ければお店をのぞいてみてください。調理の仕方なんかも、気軽に聞いてくださいね。

 

堀照政(ほりてるまさ)/有限会社 八百正 二代目

高知県高知市出身。八百屋「八百正」の二代目として県産品を中心とした野菜の魅力を伝えている。趣味は3年ほど前から始めたマラソンで、県内・県外各地のマラソンに参加している。好きなアーティストは三浦大知。

有限会社 八百正

住所:高知県高知市帯屋町2-3-3
TEL:088-822-7880
営業時間:午前9時30分~午後7時(土曜日は午後6時30分まで)
定休日:日曜・祝日

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集